Sponsored Link

犬が急にトイレを失敗する理由5つ!コレであなたも名探偵


いままでしっかりできていたのに、
愛犬が急にトイレを失敗…。

こんなことって普通にあるのかな?

な~んて疑問をおもちのあなた!

犬はわたしたち人間と同じように、
トイレを習慣で覚えます。

また、記憶力もよく、
覚えてさえしまえば簡単に忘れたりしません。

つまり、トイレのしつけ(習慣)が
できていたのに失敗してしまうのには、
必ず理由があるんです(‘ω’)b

そこで、過去にたくさんの犬を飼育してきたわたしが、
体験や書籍の情報から失敗の理由をまとめて、
この記事に記載しましたよ。

この記事を読んでいただければ、
原因を発見する「手がかり」となるでしょう!

あわせて、簡単な対策
書いていますので、参考にしてくださいね。

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

犬が急にトイレを失敗する理由5つ

犬が急にトイレを失敗する5つの理由

  1. トイレ環境の変化
  2. 病気
  3. マーキング
  4. 分離不安
  5. 老化

上記は、トイレのしつけが
できていたという前提での理由です。

※しつけができていたかどうかの判断基準は、
いままでトイレで100%排泄できていたかどうかです

しつけができていたのか不安であれば、
こちらも合わせてお読みください。
 ↓     ↓
犬がトイレを覚えない理由は?6つの行動パターンから徹底分析してみた

それでは、ひとつ1つ説明していきますね

1.トイレの環境の変化!犬の感覚でチェックしてみよう

犬のトイレ失敗の原因チェック

最近、トイレの周辺や環境を
いじったりしていませんか?

もしかしたら、環境の変化が原因で、
トイレでの排泄を嫌がっているのかもしれません。

チェックリストを作りましたので、
確認してみましょう。

  • 視覚
    周囲に反射するものがないか?
    周囲に圧迫するものがないか?
    (例:鏡、囲いなど)
  • 触覚
    トイレシート/トレーが滑りやすくないか?
    不安定なトイレではないか?
    トイレシートが汚れたままではないか?
  • 嗅覚
    犬にとって嫌なにおいがしないか?
    (例:殺虫剤・香水など)
  • 聴覚
    騒がしい場所ではないか?
    (例:人通りが多い・うるさい)

犬は嗅覚が人間よりも敏感なので、
とくにニオイには注意してください。

過去にわたしの母が
トイレ周辺に香水をまいて、
排泄しなくなったことがありますよ。

わたしたちにはいい匂いであっても、
わんちゃんには嫌な臭いかもしれませんので、
変化に注目してみてくださいね。

2.病気!犬のおしっこに注目

いつもより、おしっこの回数が増えていませんか?

排泄を失敗する代表的な病気として、
膀胱炎(ぼうこうえん)があげられます。

とくにメスがなりやすく、
初期症状としておしっこの回数が増えるんです。

尿道から侵入した細菌などが原因で、
膀胱が炎症してしまうんですね。

他にも疾患がありますので、
以下の項目にいくつか当てはまるようなら、
病院に連れて行ってあげましょう。

病気の症状

  1. おしっこの回数が増えた
  2. おしっこのニオイがキツい
  3. おしっこの量が多い or 少ない
  4. 血尿が出ている
  5. 排尿しようとしてやめる
  6. 排尿時に痛がる

回数・ニオイ・量・色
要チェックですよ(*^-^*)b

Sponsored Link

3.マーキング!犬が失敗しだしたタイミングは?

オスで去勢手術をしていなくて、
以下が当てはまるなら、
マーキングによる失敗の可能性が高いです。

マーキングによる排尿の特徴

  1. 足をあげて排尿
  2. 尿が少量
  3. 複数箇所

マーキングはオス犬の習性で、
成長過程で発生します。

それ以外のケースとして、
散歩のときでしかマーキングしていなかったのに、
多頭飼いをはじめた時に家の中で、
するようになったことがありますよ。

マーキングをやめさせるのに、
もっとも有効なのは去勢です。

また、手術した時期によって効果も変わるため、
100%なくなるわけではありません。

詳しくはこちらに書いていますので、
よかったらご覧ください。
 ↓     ↓
犬の去勢のメリット・デメリットは?手術はホントに必要なの!?

4.分離不安!留守中にだけトイレ失敗

留守中にだけ
トイレの失敗が起こっていませんか?

また、失敗だけでなく、
部屋が荒らされていたりしませんか?

だったら、分離不安かもしれません。

飼い主不在や留守中の環境が原因で、
不安やストレスを感じ、部屋を荒らしたり、
トイレ以外で排泄することがあります。

対策方法は、
飼い主への過剰な依存を防ぎ、
不安になりにくい環境で留守番させることです。

もし、ケージを使っていないのなら、
使ってみてはいかがでしょう。

ケージは犬にとって自分の家と同じです。
あなたも家に帰ると落ち着きますよね?

徐々に慣らしていって、
わんちゃんにとって「楽しい」「落ち着く」
家を作ってあげてください。

5.老化!犬が高齢ではありませんか

犬の老化
愛犬が高齢なら、
もしかしたら老化が原因かもしれません。

記憶力の低下や痴呆(ちほう)で、
トイレの場所を忘れている可能性があります。

また、足腰が弱くなって、
トイレに着くまで我慢できなくなっている
こともありますよ。

この場合は、トイレを近くに置いてあげたり、
オムツやマナーパンツで対処するのがいいでしょう。

さいごに…

いかがでしたか?

トイレのしつけができていたのなら、
失敗には必ず理由があります。

ぜひ、記事の内容をもとに、
原因を見つけてあげてくださいね。

ではでは~♪

犬のトイレに関する記事の
まとめはこちらです。
 ↓    ↓

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ