Sponsored Link

犬のしつけの基本知識!知っておくべき3つの事とは?

犬のしつけをはじめるまえに、
まず何から知ればいいの?

超大型犬を飼うのをきっかけに、
犬のしつけ(訓練)にめざめた管理人。

そんなわたしが、しつけをはじめるまえに
知っておいてほしい以下の3つの基本知識を、
この記事にまとめました\(*^▽^*)/

  1. しつけの優先順位はなにで決める?
  2. 犬と人間の大きな違いとは?しつけに失敗する多くの原因は?
  3. もっとも簡単で効果の高いしつけとは?

あなたはこれら3つの疑問に、
答えられますか?

もし答えられないのなら、この記事を読めば、
これから出てくる疑問や悩みを解決する
大きなヒントとなるでしょう(*’▽’)b

ぜひ、じっくりと読んで、
困ったときに活用してくださいね。。

それでは、一緒に見ていきましょう~!

Sponsored Link

1.しつけの優先順位はなにで決める?

しつけ本を読んだり、
ネットで検索したりされてるかと思うんですが、
教えることってたくさんありますよね?

でも、犬もあなたも集中力には限界があるので、
あれもこれもと一気には教えられません。

では、なにを基準にして、
しつけの優先順位を決めればいいのでしょうか?

それはあなたと愛犬が、
人間社会で安全かつストレスなく生活するために、
必要かどうか
です。

たとえば、以下のようになったらどうでしょう?

  • 家の中でところかまわず排泄されたら…
  • 嫌なことがあるとすぐ噛みついたりするようになったら…
  • 留守中に吠えてお隣さんから苦情がきたら…

とてもじゃありませんが、
愛犬とストレスなく楽しく過ごすなんて、
できませんよね?

なにから教えるべきか?
しつけがうまくいかないからあきらめてもいいのか?
悩んだときはこの基準を思い出してくださいね(*^▽^*)b

Sponsored Link

2.犬と人間の大きな違いとは?しつけに失敗する多くの原因は?

犬と人は見た目からしてすでに違うんですが、
しつけをはじめる前にしっておいてほしい、
大きな違いがあります。

それは『言葉が通じない』こと(*’ω’*)b

わたしたちは普段から使っているので、
あまり意識していないかもしれませんが、
言葉はとても便利なコミュニケーションツールです。

言葉を使わないコミュニケーションは、
『伝わらなかったり、間違って伝わる』ことが、
多くなります。

しつけ本やネットに載っている方法を
使ったとしても
ですm9(‘Д’)<ジュウヨウ!

本やネットの方法は、
あくまで成功した一例と考えてください。

また、その手法以外のポイント(ほめ方など)を
知らないために、伝わらないことが多々あります。

「本(ネット)に載っている方法だから、
間違いなく伝わっているはずだ」

…といった思い込みは、
しつけにつまづく原因となります。

犬とのコミュニケーション(しつけ)は、
言葉が使えないから、本来間違って伝わりやすいもの
だと、
覚えておいてくださいね(*’▽’)b

Sponsored Link

3.もっとも簡単で効果の高いしつけ方法とは?

じつは、しつけの初心者さんが見逃しがしやすい、
もっとも簡単で効果の高いしつけ方法があります。

なんだか分かりますか?

それは教えないこと。具体的にいうと、
問題行動(失敗)を学習させないことです(*’ω’*)b

しつけと言われれば、
なにかを教えるのをイメージしますよね?

でも、それだけじゃありません。
教えないことだってしつけになるんです。

いいですか?

あなたが教えてないことも犬は学習します(*‘ω‘ *)b

問題行動を起こして(学習して)から、
しつけして行動を修正するよりも、
そもそも問題行動を学習させないほうが、
楽なことがたくさんあります。

たとえば、くつ下などの洗濯物であそぶこと。

犬がくわえないようしつけるより、
そこらへんに脱ぎ捨てないようにしたり、
脱衣所に入れないようにしたりすればいいんです。

問題行動をできないようにすれば、
学習できないし、やりたいとも思いません。

また、失敗から学ぶといえば、
聞こえはいいですが、犬が学ぶのは、
あなたの考えている内容とは違います。

たとえば、呼びもどしです。

名前を呼んでも来なかったら、
行きたくなかったら呼ばれてもいかなくてもいいんだと、
学習する可能性があるんですよ( ゚Д゚)ナンダッテ!

ぜひ、覚えておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

それでは、さいごに
ポイントをまとめますね(*’▽’)

しつけ 3つの基本知識

  1. しつけはあなたと犬が、
    社会でストレスなく安全に生活するためにするもの。
    優先順位や必要かどうかの判断はこの基準をもとに考える。
  2. 犬に言葉は通じない。言葉を使わないコミュニケーションは
    伝わらなかったり、間違って伝わったりしやすい。
    しつけに失敗する多くの原因は「伝わっていない」こと。
  3. 問題行動(失敗)を学習させないのが、
    もっとも効果が高く簡単なしつけ方法。

しつけがうまくいかなかったり、
悩んだりしたときは基本に立ち返るのが大切です。

困ったときはこの3つを思い出してくださいね。
ではでは~!

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ