Sponsored Link

室内犬のトイレの場所はどこがイイ?えっ、ケージ内って問題あるの?

室内犬のトイレの場所ってどこがイイの?

スペースさえあれば、
室内のどこにでも置けるトイレ。

実際に置いてしつけてみないと、
どういった問題が起こるのか、
なかなかわかりません。

かといって、問題が出てきたから、
場所を変えようとしても、
犬の習性から簡単にはできません。

できたら、最初からココがベストと思えるような、
場所に設置したいですよね?

そこで、過去にたくさんの犬の飼育をしてきたわたしが、
室内犬のトイレの設置場所について、
この記事に詳しく記載しましたよ。

読んでいただければ、
トイレのしつけが難しい場所からやりやすい場所

さらに、しつけやすさはありませんが、
しつけ終えた後は飼い主にとって
非常に便利な場所
についても書いていますよ。

ぜひ、あなたと愛犬にとって、
ベストな場所にトイレを設置して、
しつけを成功させてくださいね。

それでは一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

犬のトイレのしつけがしにくい場所!ケージ内は問題あり

もしかして、ケージの中に、
トイレを設置しようと考えていませんか?

ダメなの?って思ったあなた。
無理もありません。

実際にペットショップに行ってきて、
サンプルの画像を撮ってきたんですが、
例外なくケージ内にトイレが設置してありました。

犬のケージ内のトイレの場所

でも、この配置って、
じつはトイレのしつけが難しいんですよ。

なぜなら、犬は
「寝床付近では排泄しない」習性があるからです。

しつけ終えたと思っていたのに、
後から別の場所で排泄するなどの
問題が出てくる可能性があります。

でも、ケージ内にトイレがないと、
留守中に我慢できずに犬が漏らしてしまうんじゃないか、
と心配ですよね?

おっしゃる通り、
子犬の時期はトイレの我慢させるのは難しく、
長時間の留守番は漏らす可能性が高いです。

なので、子犬の時期は、
次章の対策を行うのがおすすめですよ。

子犬の時期はケージ内に緊急トイレを設置しよう

子犬の時期は、留守番中にのみケージ内に
緊急用のトイレを設置するんです。

緊急用トイレではしつけを行わず置いておくだけ
しつけはあなたの決めたトイレでのみ行います。

犬が成長して、
排泄をコントロールできるようになったら、
緊急用トイレをはずしてしまうんです。

はずしてしまうと、緊急用トイレのあった場所で、
排泄するんじゃないかと思われるかもしれませんが、
寝床付近では排泄しない習性があるため、
スムーズに移行しやすいんですね。

こうしておけば、トイレで
排泄しなくなったなんて問題が減るはずですよ。

ただし、成犬であっても排泄を我慢させすぎると、
膀胱炎などの病気となることもあります。

なので、普段から長時間お留守番をさせるなら、
問題が発生しやすく、しつけに時間がかかることを
覚悟のうえで、ケージ内にトイレを置くのも一手かもしれません。

ちなみに、ケージ内にトイレを置く場合であっても、
寝床からできるだけ場所を離したほうがいいですよ。

Sponsored Link

室内犬のトイレの場所はどこがイイ?ココだと便利!

まず、上記で説明したように、
寝床付近やケージに隣接する場所は、
やめておきましょう。

その条件を満たしたうえで、
犬が普段からいる場所の近くに設置しておくと、
排泄の気配ですぐにトイレに連れていけるので、
しつける際に便利です。

トイレのしつけ方法は、
こちらに記載していますので、
よかったらご覧ください。

なにぶんトイレなので、
臭いがしたり、汚れたりがするのは当然です。

なので、食事する場所なんかも
避けたほうがいいかもしれませんね。

余談ですが、過去に食事をはじめると、
嫌がらせかと思うぐらい高確率で、
うんちする犬を飼ってたことがありますよ(笑)

条件さえ合えばこの場所が便利!

しつけに関するメリットはありませんが、
脱衣所やお風呂場をトイレにすると、
しつけたあとが便利になります。

なぜなら、手軽に水洗いできるからです。

いくらトイレシートを敷いていても、
トレーにまでおしっこが漏れて臭いがしたり、
跳ねて床が汚れたりするのはよくあります。

しかし、そういうときでも、
水場が近くにあれば簡単に洗えるんです!

犬のトイレの洗濯

わたしが過去に飼っていた犬で、
下痢をするとお尻から爆破したように
うんちが飛び出す犬がいたんですが、
そのたびに現場は大惨事でした(笑)

そこで、苦労はしましたが
風呂場へとトイレの場所を変えることで、
一気に掃除が楽になりましたよ。

ただし、脱衣所には
あなたの洗濯物が当然あるかと思います。

犬にとって、衣服は噛み心地がよいだけでなく、
飼い主のニオイがついていて、
最高の遊び道具です。

遊び道具になるだけならまだしも、
誤飲の原因となることが本当によくあります(;’∀’)
(とくに小さい靴下や下着)

なので、脱衣所やお風呂をトイレにするなら、
くわえないようにしつけるか、
できないようにするといった工夫が必要です。

現在、わたしが飼育しているグレートデンは、
口が大きく誤飲のリスクが高いため、
脱衣所・風呂場は候補からはずしました。

もちろん、衣服に限らず、
誤飲には気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
では最後にまとめますね。

犬のトイレの設置場所まとめ

  1. 寝床付近やケージに隣接させるとしつけが難しい
  2. 犬のメインの行動範囲に設置するとしつけに便利
  3. しつけた後の掃除重視なら脱衣所やお風呂が便利
  4. 設置場所(行動範囲)に誤飲しやすいものがないか注意

トイレのしつけをはじめて、
やっぱりトイレの場所をここにしておけばよかった~、
なんて言っても簡単には変えられません。

起こりうる問題と、
しつけや掃除の利便性などを考えて、
あなたと愛犬にとってベストと思う場所を決めてくださいね。

ではでは~♪

犬のトイレに関する記事の
まとめはこちらです。
 ↓    ↓

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ