伏見稲荷大社 観光の所要時間は?見どころはココ!

「伏見稲荷大社って観光にどのぐらい時間がかかるの?」
「稲荷大社の観光の見どころってなに?」

な~んて、お悩みのあなた!

家から徒歩10分で、稲荷大社の鳥居をくぐれる管理人が

  • 観光ルートと所要時間は?
  • 稲荷大社の参拝方法は?
  • それぞれのルートの見どころは?

以上について解説しています!

伏見稲荷の観光ルートは大きくわけて、
2つあるので、スケジュールにあわせて選びましょ~。

また、実際にわたしが稲荷山に登山して、
ステキだと思うポイントを動画にしています!

これを見ればあなたも、登りたくなること間違いなし!(*’ω’*)b

さらには、売店のおばちゃんから教えていただいた
山頂まで登るのに楽なルートも書いてますので、役立ててくださいね♪

それでは、みていきましょう~!

Sponsored Link

観光情報!ルートと所要時間は?

伏見稲荷大社のマップ

画像引用元:伏見稲荷大社

拝観時間 自由(ご祈祷は8:30~16:30)
拝観料金 無料
駐車場 170台分(無料)

参拝ルートはおおきく分けて以下の2つに分かれます。

  • 境内巡回ルート
  • 稲荷山登山ルート

境内巡回ルートは、本殿と千本鳥居付近だけを見て回るルートで、
所要時間は約30分です。

稲荷山登山ルートは、境内巡回ルート+稲荷山登山の
本格ルートで、所要時間は約2時間です。

ただ、日ごろ運動不足なわたしが
実際に写真とりながら登ったら2時間半かかりました。

じっくり観光されるのでしたら、
余裕をもって時間をみておいた方がいいかもしれません。

知っておきたい!参拝方法は?

ここでは、参拝方法について紹介しますね。

わたしは、稲荷大社の近くに10年以上住んでいましたが、
全く知りませんでした…(笑)

  1. 鳥居をくぐる前に社殿にむかって軽く一礼
  2. 手水舎(ちょうずや)で手と口を清める
  3. 鈴をならして、お賽銭を入れる
  4. 2礼2拍手1礼
  5. お願いごとをする
  6. 移動するまえに、再度軽く一礼

参道の中央は、神様のとおる道とされているため、
中央はさけて通りましょう。

■手水舎でのお清めの方法は?

楼門のひだり手前に、手水舎がありますので
清めてからお参りしましょう。

  1. 柄杓(ひしゃく)を右手にもち、左手を清める
  2. 柄杓をもちかえて、右手を清める
  3. 左手に水をうけ、口をすすぐ
  4. もういちど左手を清める
  5. 柄杓をたてて、柄の部分に水を流し、
    伏せて元の位置に戻す

柄杓に直接、口を付けないように気をつけましょう。

■2礼2拍手1礼とは?

  1. 頭を2度さげる(90°ぐらい)
  2. 2回拍手する
  3. 頭をさげる(90°ぐらい)

お願いごとをするタイミングは、
2回拍手したあとです。

知ってから、実際にやってみましたが、
わたしは頭の中がこんがらがって、うまくできませんでしたw

しっかりとやりたい方は、
一回練習してから行うといいでしょう(*’ω’*)b

次の章では、せっかく伏見稲荷に来たのなら
見ておきたいルートごとの見どころを紹介しますね!

Sponsored Link

伏見稲荷大社の見どころは?

ここでは、伏見稲荷の見どころについて書いています。

全ての観光ポイントではなく、
わたしが見てよかったポイントなので、あしからず(*’ω’*)b

境内巡回ルート

狛狐(こまきつね)

狛犬(こまいぬ)はよく聞くと思いますが、
狛狐はなかなか見たことないんじゃないでしょうか?

稲荷大社では、キツネをまつっていると思っているかたもいるんですが、
狐は稲荷神からの使いの者とされています。

神社の境内には、いたるところに狐の像があります。
よく見ると、何かくわえている狐もいます。

  • 正面入口に稲穂
  • 楼門の左側にカギ
  • 楼門の右側に玉
  • 巻物

稲穂をくわえているのは、
もともと稲荷神というのは五穀豊穣(ごこくほうじょう)の神様だからです。

稲荷という名前の起源も、
「イネがなった」からきているといわれています。

そして、巻物は知恵を、
玉は稲荷神の霊徳を、カギは五穀豊穣の蔵のカギをあらわします。

この玉とカギには、ほかに面白い話があって、
花火師がそれをみて玉屋、鍵屋の屋号(今でいう店名)を決めたといわれています。

小さいころ花火のときに、
「た~まやぁ~!」と叫んでましたけど屋号だったんですね。

それすら知らなかったわたしには、ダブルで驚きでした(笑)

千本鳥居

伏見稲荷のイチバンの見どころはココです!

まばゆい朱色の鳥居が無数にならび、
通路をカタチ作っています。

他ではゼッタイに見られない景観ですね、
とっても幻想的で、なんとも言えぬエネルギーを感じました!

ここは、ぜひとも写真撮影したいのですが、
最大の見どころなだけに、人の多さも尋常ではありません。

鳥居の通路が行きと帰りの2つにわかれていて、
右側通行となっています。

帰りの道は、別の道もあるので、
千本稲荷をとおって帰る人が少ないんですね。

なので、できるだけほかの人が写りこまないように
写真が撮りたい場合は、帰りの通路にまわって撮るのがオススメですよ♪

稲荷大社の鳥居の数や、奉納に関して知りたい方は
コチラに詳しく書いていますのでご覧ください。
  ↓            ↓
伏見稲荷大社の鳥居の数は?奉納の値段は意外にも?

おもかる石

千本鳥居をぬけた右奥にあります。

一対の石灯籠(とうろう)があり、
こちらの前で願いごとをしてから灯籠の頭をもちあげます。

わたしも実際にやってみました。

願い事をして、パン!と手をタタき、
気合をいれて持ちあげると…

「かっ、軽い!?
もしかしてこれはアレ、イケるんじゃ???」

うおぉぉ!必殺!!!
アルゼンチンバックブリーカー!!!!

石<ギ…ギブアップ

な~んて言ってくれたら面白いんですが、フィクションです!(笑)
マネしないでくださいね。

実際は、思ったより軽かったので、
安心しました~(*’ω’*)

稲荷山登山ルート

「登山とかいってぇ~(笑)軽いヤツでしょ?」

ハイ!そんなことを思ったあなた!
山をナメたらアカーン!(‘Д’)

稲荷山は、
またの名を修学旅行生殺しとよばれています。

「のぼっちゃう?」
「のぼっちゃいますかっ!」

そんなノリでのぼった修学旅行生が、思ったより時間がかかり、
ヤバイと思って下山した時にはもう手遅れで、集合時間に遅れてしかられる。

な~んてことがよくあるそうです。

ここでは、そんな稲荷山を登るさいの注意点、
見どころを紹介しています。

それでは、みていきましょう~!

必見!登山ルートでの注意点

登山ルートを上るうえでの注意点をまとめました。

  • ヒールのある靴は履かない
    一周4キロ、標高223メートルと思ったよりキツイ道のりとなります。
    ヒールはやめておいた方がいいでしょう。
  • 温度を調整できる上着を用意
    山頂の方にくると、少し冷えました。(3月上旬)
    温度調整できる上着などを、もっていくといいかもしれません。
  • 子供には厳しい?
    中腹の四つ辻で、スーパーマンのTシャツを着た外国人の子供が、
    ヒザを落として汗だくになってました。

    英語はわかりませんが、
    首を振りながら「もう、ダメ…」とおそらく連呼してました。

    スーパーマンであっても、
    子供にはちょっと厳しいかもしれません(笑)

  • 短いスカートは…キケン?
    勾配がキツイところがあるので、
    短いスカートはやめておいた方がいいです。

    えっ…?見たのかって?

    みっ!みてません!
    見えそうだったってだけですから!!!!!!

    でもね、登るうえで前をみるのはどうしても必要なわけで、そりゃあ見えてしまうこともあるわけですよ。それにね?わたしは目が悪い!もしかしたら見えてたかもしれないけど、それはわたしの中で認識ができていないわけですから!まとめると見てないってことです!

    ハイ!言い訳にしか聞こえなくなってきましたね…。
    こんなことを言わせないためにも服装には注意です。

それでは、登山の見どころをみていきましょう~!

四つ辻

さっそくですが、稲荷山登山での最大のみどころは、
山頂よりもココだと思います。

なんといっても景色!

京都市街を一望できる景観は
とても気持ちがいいですよ(*’ω’*)

普通のベンチや売店で休憩できるところがあります。

他にも、石がベンチのように座れる形になっているので、
ここの石に座りながら、売店のキリンレモンを一杯飲むのが最高です。

個人的にはここが山頂でいいんじゃないかな~と思います(笑)

足腰に不安があるけど登ってみたいかたは、
ここまで登って降りるのもいいかもしれませんね。

境内ルートから四つ辻まで登って降りる場合は、
全部で一時間半ぐらいみておくといいと思います。

無料おみくじ

ちょっとうれしいのが、
登山途中に無料でおみくじが引けるところが複数あります。

荒神峰の登ったところや
四ツ辻から山頂までの道中に3か所ほどありました。

わたしが引いてみたところ、
結果は…向大吉!!

初詣と同じ結果でした(*’ω’*)v

ここのおみくじはレアな結果もおおく、
「吉凶不分末吉」「吉凶相央」なんて見たことないヤツがたくさんありました。

ぜひ、一度ひいてみることをオススメします。

悪い結果がでたら、もう一回引きましょう。
タダですから!(笑)

眼力社の手水舎

ここの手水舎は、
竹をくわえたキツネ像から水がでています。

神社に、こんなユニークなデザインがあるとは思いませんでした。
一見の価値があると思いますよ。

山頂

山頂へ上るルートの順路は左回りですが、
右回りのほうが楽に登れると、売店の方がおっしゃってました。

順路を気にされないのであれば、
右回りでのぼってもいいかもしれませんね。

山頂には、上之社があります、
ここは日本有数のパワースポットと言われています。

残念ながら、
景色をみわたせるような場所はありませんでした。

終わりに…

いかがでしたでしょうか?
気になるスポットはありましたか?

伏見稲荷大社の魅力を堪能したいのであれば、
稲荷山登山ルートをオススメします♪

記事で紹介した以外にも、
わたしの目にとまっていないだけの見どころも、他にたくさんあります。

ぜひ、実際に登ってみて
あなたのお気に入りスポットをみつけてくださいね♪

それでは、京都でお待ちしてますよ~!

伏見稲荷大社の、
ライトアップなどのまとめ記事はこちら(‘ω’)ノ
  ↓          ↓
伏見稲荷大社まとめ!交通機関から見どころまで網羅してみた!

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

2 Responses to “伏見稲荷大社 観光の所要時間は?見どころはココ!”

  1. あーむ より:

    とても助かりました。
    ありがとうございます。
    これで修学旅行も準備おkです。
    できれば他の京都や大阪についてもっと情報をのせていただいたら助かります。

    • らーてる より:

      あーむさん

      お役に立てたようで、
      本当にうれしいです(*^-^*)

      >できれば他の京都や大阪についてもっと情報をのせていただいたら助かります。
      具体的な場所のリクエストがありましたら、
      いってきますのでよかったら書いてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ