伏見稲荷大社のライトアップの期間と時間は?オススメの日は?

「伏見稲荷大社ってライトアップしてるの?」
「ライトアップの期間と時間は?」

と稲荷大社のライトアップに興味をお持ちのあなた!

自宅からぶらりと10分…
キツネさん、こんにちわ(*’ω’*)

もう、そこは伏見稲荷大社、
な~んてところに住んでる私が、ライトアップについて調べましたよ。

この記事では、以下について記載しています。

  • ライトアップの期間と時間は?
  • 普段のライトアップの景観
  • ライトアップを見るのにオススメな日は?
  • その詳細とは?

また、わたしが実際に普段の稲荷大社のライトアップに行ってきました。
そのときの雰囲気や、感想も克明にお伝えしています。

もちろん動画もありますので、
ぜひご覧ください!

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

ライトアップの時間と期間は?

伏見稲荷大社は閉まることがなく、
24時間あいていて、いつでも入場が可能です。

わたしは近所なので、よく知っているのですが、
ライトアップ期間などはなく、毎日夜間にライトが点灯していて、
暗くなったら点灯という形をとっています。

点灯時間は明確に決まっていないんですね。

…それでも敢えて、どんなライトアップなのか
実際に潜入して見てきました。

実際に夜中に行ってきた

「おコンばんわ…」
参道入口のキツネに挨拶して、
夜中の23時にお参りにいってきました。

昼とは違い、全く人がいません…。
見かけたのは、3人の参拝客と守衛さんだけでした。

人がいないので、音もなく、
神聖な感じがしました。

さらに、ライトアップが幻想的で
まるで異世界に迷いこんだような…

…雰囲気だったらよかったんですが、
ライトアップが暗い…( ;∀;)

ライトアップというより、
ただのライトという感じです。

怖がりと言われるわたしは、怖かったです。
とにかくキツネが怖い!

ただでさえ、キツネの像は険しい表情で、
上から見下ろしていて威圧的です。

そこから、さらに下からライトアップされたら…

…「コンな時間になにしに来た!」
コンな台詞で、今にも飛びかかくるんじゃないかと恐怖でした。

お昼に見るより、断然迫力があります。
キツネは夜行性なので、実は夜になると活動しだすのかも…?

稲荷大社の地図の写真を撮っていると、
なにか視線を感じる…

…ふと横を見ると、

伏見稲荷大社のキツネ2

「迷いコンだのかい?」
うぉっ!という私の声が、神社に小さく響きました(笑)

しかし、更に一歩足を踏み入れると、
そこには幻想的な景観が…。

これを見ると、先ほどの怖さもどこかに
吹き飛んでしまいました。

伏見稲荷大社の千本鳥居のライトアップ

これは千本鳥居の写真です。

「永遠にこのまま続いてるのではなかろうか…」
「この道を抜けた先は別世界なのでは?」

と錯覚してしまいそうな通路の奥行き…。

そして、ライトに映し出される、
鳥居の鮮やかな朱色と影のコントラストがとても幻想的です。

思わず見とれてしまい、
時間も忘れて立ち尽くしてしまいました。

夜に見に行くのであれば、
ぜひ千本鳥居を見ることをおすすめします♪

上の写真は明るい場所で撮っていて、
暗いところだと足元が見える程度の明かりです。

また怖い話に戻りますが、
道の5メートル先が見えないところもあります。

千本鳥居を歩いている途中で、
先にナニカがいるのはわかるけど動かない影を感じました。

「こっちに来るの待ってる?なんで止まってるの?」
「やばい、ついに幽霊と遭遇するのかも…!?」
「キツネのいたずらであってくれ!」

逃げたい気持ちでいっぱいでしたが、
追いかけてこられたら、それこそパニックになると思い、
おそるおそる近づいていくと…

なんと!脚立を立てて、
ジッとシャッターチャンスを狙ってるカメラマンさんでした(笑)

とても怖かったです(;’∀’)

千本鳥居周辺は山道で、
道をはずれるとただの”山”です。

危険なので、冗談でも
道をはずれないようにしてくださいね♪

▼普段のライトアップの動画はコチラ!

Sponsored Link

ライトアップ見るなら本宮祭がおすすめ!

「わたしのイメージしていたライトアップとちがーう!」
「怖いならやめておこうかな…」

と思ったあなた!日にちは限定されますが、
ライトアップを見るのにおすすめの日がありますよ♪

それは「本宮祭(もとみやさい)」です。

本宮祭は、稲荷大神の御分霊(ごぶんれい)をまつる、
全国の崇敬者が総本宮に参拝して、日々の神恩に感謝する祭です。

この祭は、前日と当日の2日間にわたって行われ、
開催日時は以下になります。

開催日
  • 宵宮祭:7月本宮祭の前日
  • 本宮祭:7月土用入後初の日曜又は祝日
開催時刻
  • 宵宮祭:18:00~
  • 本宮祭:9:00~
終了時刻
  • 両日とも22時頃まで

土用入り後初の日曜日又は祝日とありますが、
2018年ですと宵宮祭が7月21日(土)、本宮祭が7月22日(日)となります。

年度によって開催日が変わるので注意してください。

本宮祭は2日間にわたって、
画家から奉納された400数点の行灯画(あんどんが)を見ることができます。

前日の宵宮祭(よいみやさい)には、境内にある数多くの灯籠(とうろう)と、
数万に上る献納提灯に火が点き、きらびやかに伏見稲荷大社をライトアップします。

当日の本宮祭も、石灯籠には点灯しませんが、
提灯と行灯には火がともり宵宮祭におとらずキレイです。

わたしも1度だけ訪れましたが、
まるでジブリ「千と千尋の物語」の世界に迷いこんだような景観でした。

催しものや屋台などの、
詳細な情報はこちらに記載してありますので、
興味をおもちの方は、ご覧になってくださいね。
  ↓        ↓
伏見稲荷 本宮祭・宵宮祭の時間は?混雑を避けてお祭りを満喫しよう♪

もし、都合が合えば、ぜひとも来ていただきたいです!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

普段の夜の伏見稲荷大社は、ライトアップとはいえませんが
「明かりはある」というのが実際に行った感想です。

しかし、千本鳥居は見に行く価値はあると思います。
夜に見に行くのであれば、しっかり暗くなってからがおすすめです。

きらびやかなライトアップが見たい方は、
日にちの都合が合えば、ぜひ本宮祭にお越しください。

お待ちしております♪

伏見稲荷大社のまとめ記事はこちら!
  ↓         ↓
伏見稲荷大社まとめ!交通機関から見どころまで網羅してみた!

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ