Sponsored Link

犬がはみ出してトイレをする原因!超カンタンな対策とは?

あとちょっと…
あとちょっとだけ、
犬がトイレの中に入ってくれたらいいのに。

犬のうんこ-トイレからはみ出し

場所は間違ってないんだけど、
肝心の排泄物がはみ出してる(;´・ω・)

ちょっとズレて、
ってわが愛犬に伝えたいんだけど、
どうやって伝えればいいのかわからない…

…悩みますよね?

その問題を解決するには、
まず原因を見つけ出すことからです。

なぜなら、同じはみ出しであっても、
犬の性格や経験、環境など、
原因はさまざまだからです。

でも、犬の飼育経験が少ないと、
原因といってもなかなか見当がつきません。

そこで、そんなあなたに向けて、
過去にたくさんの犬を飼育してきたわたしが、
はみ出しの原因究明から対策方法まで、
この記事にまとめて記載しましたよ。

対策なんて知ってしまえば、
なんだこんな簡単なことか、
と思うようなものばかりです。

ぜひ、この記事を参考に、
問題の原因を見つけ出し、
解決へと導いてくださいね(*^-^*)b

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

犬のトイレのはみ出し!主な2つの原因とは?

犬がはみ出してトイレをする2つの主な原因

  1. 嫌悪刺激
  2. 不完全なしつけ

※上記パターンに当てはまらないこともあります。

どちらが原因であっても、
共通してやってはいけないことがあります。

それははみ出しに対して、
怒ることです。

また、怒る気持ちがなくとも
「あぁ~ダメダメ」なんて言うのも、
問題を増やす原因になるのでやめましょう。

詳しくはこちらに書いていますので
よかったらご覧ください。
 ↓     ↓
犬のトイレ失敗を怒るとどうなる?犬に与える3つの誤解とは?

それでは、ひとつ1つ
詳しく説明していきますね(*^-^*)b

嫌悪刺激が原因?犬のトイレ環境をチェックしてみよう

以前は、トイレの中で
「100%」排泄できていたんだけど、
急にはみ出してするようになってしまった(;’∀’)

しつけはできていたのに、
突然はみ出すようになった場合は、
嫌悪刺激の可能性が高いです。

トイレ環境の変化などを、チェックしてみましょう。
原因としてよくあるのが、以下の2つです。

  1. トイレシートの汚れ
  2. 周囲の環境の変化

犬は基本的にキレイ好きで、
足が汚れるのを嫌います。

排泄物で汚れたシートを踏みたくなくて、
トイレで排泄しなかったり、
はみ出して排泄したりするのがよくあるんです。

また、はみ出す前と後で、
トイレ周辺に新しく物を置いていないかも、
チェックしてみてください。

  • 周りに反射したりするものがないか?
  • 圧迫するようなものを置いていないか?

はみ出す位置が一定なのか、
バラバラなのかも要チェックですね。

反射する鏡などがあり、
その方向に向きたくなくて、
はみ出す犬なんかもいますよ。

汚れたトイレシートが原因ならまめに交換、
トイレ周辺の物が原因なら、
取り除いてあげましょう(*^-^*)b

ただし、はみ出しを繰り返していると、
行動が強化され原因を取り除いても、
なおらない場合があります。

その時は、次章の対策を行ってみてくださいね。

Sponsored Link

犬のトイレのしつけが不完全!?はみ出しだけならこの対策

もしかして、はみ出すだけじゃなくて、
場所自体も間違えてたりしませんか?

失敗もあるのなら残念ですが、
トイレのしつけがまだできていない
可能性が高いです。

こちらに犬のトイレのしつけ方を、
詳しく書いていますので
よかったら参考にしつけ直しましょう。
 ↓      ↓
超簡単!犬のトイレのしつけ方 コレであなたも失敗しらず
ケージなしでデキる!犬のトイレのしつけ 放し飼いでも一発成功?

場所はあってるけど、
はみ出すことがあるなら、
排泄に場所はうまく結びついてるけど、
トイレシートが結びついていないんだと思われます。

犬に言わせれば
「だいたい、この辺っしょ?」
という感じですね(笑)

この場合の対策は、
トイレのしつけとやり方は同じで、
「成功体験を繰り返させる」こと。

つまり、トイレシートの上で、
排泄を繰り返させることです。

具体的な方法は以下の3つになります。

  1. トイレを一旦大きくする
  2. 囲いをつくる
  3. アジャスト(調節)する

ひとつ1つ説明していきますね。


■1.トイレを一旦大きくする

簡単でおすすめなのが、
このトイレを一旦大きくする方法です。

流れとしてはこんな感じですね。

  1. トイレを大きくしてはみ出さないようにする
  2. シートと排泄を結びつける
  3. トイレを元の大きさに戻す

でも、元に戻したときに、
ちゃんとしてくれるのか心配ですよね?

ちょっと、目的は違いますが、
参考までにわたしの場合は、
トイレが大きく部屋のスペースをとるため、
しつけた後に小さくしました。

はみ出すかな?とハラハラしましたが、
シートと場所と排泄が結びついていたのか、
はみ出さずに排泄してくれましたよ(*^-^*)

目的は違いますが、
やっていることは同じなので、
排泄とシートを結び付けられれば、
ちゃんとしてくれるはずです。


■2.囲いをつくる

要は、トイレの真ん中で
排泄してくれたらいいんですよね?

なら、トイレを囲ってしまえば、
必然的に真ん中で排泄するしかなくなります。

最初から囲いのついているタイプのトイレ。
100円均一の柵とジョイントで自作した囲い。囲いとして使用した後は柵としても使用可能。

ただし、この方法は囲いに対して、
嫌悪刺激をもたない犬にしか使えません。

嫌がっている場合は、
他の方法を試してみましょう。


■3.アジャスト(調節)する

愛犬の排泄のタイミングは、
だいたい把握できていますか?

  1. 寝起き
  2. 食後
  3. 運動後

上記は主なものですが、
成長してくると、排泄のタイミングは
だいたい決まってくるかと思います。

タイミングがわかっていれば、排泄するときに、
愛犬かもしくはトイレ自体をそっと動かして、
シーツの上で排泄する形になるようにしてください。

こんな方法でも、繰り返せば
排泄とシートを結びつけることが
可能ですよ(*’ω’*)b

さいごに…

「なんだ、そんな理由だったんだ」
「こんな簡単な方法でいいんだ」

なんて、思った方もいたんじゃないですか?

そう、ほんのちょっとしたことなんです。

ぜひ、その気持ちのまま、
トイレのしつけを成功させてくださいね。

犬のトイレに関する記事の
まとめはこちらです。
 ↓    ↓

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ