Sponsored Link

ベルトの穴の開け方は?道具はポンチがおすすめ!代用するなら?

ベルト-穴開け前と後

ベルトに穴の開け方は?

お店でベルトを購入したものの、
「しまった!サイズが合わない(;’∀’)」

革に新しく穴をあけて調整したいんだけど、
どうやってあければいいの?

なんて、お困りのあなたm9(*’▽’)

革ベルトの穴の開け方について、
この記事に詳しくまとめましたよ(*^▽^*)b

キレイに仕上げるための道具と方法はモチロン。
急いで穴を開けたいかたのために、
道具の代用品についても記載しています。

誰でも簡単にできるんで、
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに、縫い付けタイプ以外のベルトは、
カットでも長さ調整が可能です。

カットでの調整方法はこちらに詳細を書いていますので、
よかったらこちらも参考にしてくださいね。
 ↓     ↓
ベルトの長さの調節方法!金具の外し方からカットする目安まで解説

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

おすすめの道具は穴あけポンチ!代用品は?

穴をあけるおすすめのアイテム。
それはポンチ+ハンマー(*’ω’*)b

「ポンチって何?」って思ったかたもいますよね?
こんなやつです。

穴開けポンチ

ダイソーの手芸コーナーや、
工具コーナーに置いているようです。

ただ、マニアックな工具なのか、
わたしの家の近くにある小さいダイソーにはありませんでした。

なので、わたしはコーナンのペンチコーナーで
288円(税抜)で購入しましたよ( ノД`)3倍…

代用品にはなにがある?

「急いでいるから家にあるもので代用品になるものない?」
…なんてかたもいますよね?

わたしが思いつく代用品は以下です。

▼ポンチの代用品は?

  1. キリ
  2. 千枚通し(注:けっこう力が必要)
  3. 丸い彫刻刀+ハンマー

元から空いている穴と大きさが違ったり、
表面がヒビ割れたり
と見た目は少し悪くなりますが、
代用品になります(*’▽’)b

丸い彫刻刀はポンチを半分にしたものと考えて、
次章を見ていただければ穴の開け方がわかりますよ。

それでは、ポンチを使って穴を開ける方法について、
詳しく解説していきますね。

Sponsored Link

ポンチでベルトに穴を開ける方法は?注意するのはココ!

ポンチで穴を開ける方法っていっても、
ベルトにあてて上からハンマーでたたくだけでしょ?

…と思った、あなた。正解です!(笑)

ベルト-穴開け

ポンチを初めて見たってかたでも形を見れば、
なんとなくわかりますよね?(*^▽^*)

ただ、気を付けてほしいポイントがあるんです。
それは以下の2つになります。

▼穴開けの注意点は?

  1. 穴を開けたい場所に目印をつける
  2. ベルトの下にいらない雑誌や板などを敷く

まず、目印ですがだいたいで穴を開けると、
離れて見たときにズレてたりします。
(トップの画像よく見ると位置ズレてますw)

なので、目立ちにくい色のペンで、
目印を軽くつけておくといいでしょう。

あと、ポンチは先が刃になっているため、
ベルトを貫通するときに床が傷つきます(;’∀’)

必ずベルトの下に、いらないぶ厚めの雑誌などを
敷いてから作業してくださいね。
※雑誌が薄いとまとめて貫通する可能性があります

叩くときは最初にハンマーで軽くたたいて、
ベルトに跡をつければポンチの位置がずれにくくなる
ので、
そのあとに力を入れてたたくとやりやすいですよ。

わたしがやったときは、
コンコンと10回ぐらい叩いたら穴が空きました。

くれぐれも手をたたかないように、
注意してくださいね(*^▽^*)b

さいごに…?

いかがでしたか?

代用品でも問題なく穴はあけられますが、
ちょっと見た目がよくありません。

ポンチとハンマーさえあれば、
誰でも簡単にキレイな穴が開けられます。

急がないのであれば、ぜひポンチでの穴開けに
チャレンジしてみてくださいね。

ではでは~\(*^▽^*)/

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ