Sponsored Link

競艇場のペアボート体験にトツゲキ!初乗りの感想・開催日程は?

ペアボート体験

競艇場のペアボート体験(試乗会)ってどんなの?

わたしには競艇選手を目指す友人がいます。
彼が言うには二次試験ではボートに乗るようです。

その彼から「少しでもボートに慣れておきたい。
ペアボート体験に行くから一緒に行かない?」
と誘われたのでわたしもついていくことにしました(*’▽’)

そのときの混雑具合参加条件
初めて乗ったペアボートの感想などなど、
この記事にまとめましたよ(*’ω’*)b

また、開催している競艇場や、
日程の傾向
も調べて記載しましたよ。

興味のあるかたは、参考になるかと思いますので、
よかったら見ていってくださいね!

それでは、一緒に見ていきましょう~。

Sponsored Link

ペアボート体験(試乗会)の概要!参加条件や混雑具合は?

ちなみに、わたしが行ってきたのはびわこ競艇場。
そのときの概要は以下です。

ペアボート体験 概要

ペアボート-応募

  • 参加費用:無料
  • 募集人数:55名
  • 募集方法:先着順
  • 参加資格:中学生以上・145cm以上
  • 開催時間:14:30~16:30
    ※4グループに分けて各30分ほど

参加資格についてですが、
体重制限はとくにありませんでした。

身長制限は調べたところ、宮島競艇場では130cm以上と、
参加資格にすこし違いがあるようです。

また、募集方法も競艇場によって違いがあります
事前にハガキで応募しての抽選方式なんてのもありましたよ(*’ω’*)b

行きたい方は、事前に近くの競艇場のサイトで
調べておいたほうがよさそうですね。

開催日程は?近くの競艇場でもやってる?

ペアボート試乗会は全国に24ヵ所ある、
すべてのボートレース場で行っています。

日程は夏期の土日祝がメイン。
レースが開催していない時に行うことが多いです。

おおよそですが、
年間で5~6回開催しているようですね。

夏期がメインなのは転覆時の危険度と、
走ったときの快感を考えてのことなのかもしれません(*’▽’)

混雑具合は?並ばなきゃ乗れない?

わたしが行ったときは、
募集開始の30分前から行列ができだしました。

募集の開始時間になって、
行列の人数を数えると35人ほどで、
定員には達していませんでした。

そのあとはチラホラと希望者が来ている感じでしたね。

あくまで、わたしが行った時の状況なので、
競艇場によっては違うかもしれませんので、
参考までにどうぞ。

ちなみに、希望者の年齢層ですが、
老若男女バラバラでしたよ。

普段の競艇場は年配の男性が多いです。

なので、競艇ファンのわたしとしては、
若い男性や女性を呼び込めるいいイベントなので、
どんどんやって欲しいですね。

Sponsored Link

ペアボート体験の流れ!スピードは?競艇選手と話せる?

ペアボート体験の流れ

  1. 乗艇姿勢など説明
  2. カポック・ヘルメット装着
  3. 乗艇
  4. 終了後は自由解散

4グループにわけて30分ごとに集合し、
上記の流れでペアボート体験を進行。

まず、係の人が実際のボートをもとに、
以下のような説明をしてくれます。

  1. 持つところはハンドルかサイドのバー
  2. 輪っか状のひもがついているので手を通す
  3. 姿勢は正座

説明時間は体感でおよそ1分。
初ボートでドキドキしていたのに、
「もう、終わり?」と拍子抜けするほどでしたね(笑)

その後、ボートに乗って、
写真撮影などしてもいいと言われたんですが、
わたしは他の人の目が気になってできませんでした(;’∀’)

続いて、用意されたカゴに貴重品を置いて、
いよいよカポックやヘルメットを装着。

ちなみに、カポックってなにかわかりますか?

ペアボート体験-カポック

この胴体につけてるベストみたいなやつで、
転覆したときに浮き輪代わりになるようです。

余談ですが、とてもキレイな
おねぇさんにつけてもらいましたよ(*´∀`*)デヘヘ

いざ、ペアボート実食(体験)!あれ、予想と…違う!?

さぁ、いよいよボート乗艇開始!

わたしが前に乗り、後ろにプロ選手が乗ります。
コースを2周走って終了です。

ちなみに、一緒に乗ってくれるプロ選手は
事前に告知されていたんですが、
ヘルメットをかぶっていて誰かわかりませんでした(笑)

ブゥォブゥォォオオオオオオオオオ!!!!

耳に響くエンジン音が、わたしの緊張感を高め、
心臓をバクバクとおどらせます。

・・・

えー、ここで正直に言いましょう。

じつはわたし「事故したら大変だし、説明も短かったから、
たいしてスピード出さないんでしょ( ´_ゝ`) プッ」

って思ってました。

正座と言われたのに、新品のズボンが
汚れるのを気にして中腰!(新品はいてくるなよ)

漫画『モンキーターン』が大好きなわたしは、
ぬるい走りをされたら、そのまま膝をおっ立てて
モンキーターンやってろうかな?
ぐらいまで考えてましたね(笑)

そんなことを考えているなか、
走りだしてわずか3秒。

ペアボート-走行

「あれ、なんか流れる景色が速くない?」
「てか、軽く跳ねてない?」

と感じたわたしはすぐさま正座しました(笑)

1コースを大回りではありましたが、
猛スピードでギュギューーーッと旋回!

事前の予想をいい意味で裏切られ、
その喜びとスリルが相まって、
思わずヘルメットの中で爆笑( ゚Д゚)アハハハハ

2マークはスピードがでているので、
バンッ、バンッ、バンッ!と跳ねながらのターン!

高いところから水に飛び降りたら、
水がコンクリートの固さになる、
なんて聞いたことありますよね?

あれです。
あれが2マークのターンで実感できます。

たぶん、右にグイッと重心を傾けたら、
転覆することも可能だったでしょう(笑)

2周目は恐怖が薄れてきて、
純粋にボートを楽しむことができましたよ(*’▽’)b

ペアボート体験終了!その後…

終わってみれば
アッという間の出来事でしたね。

わたしはしぶき程度で、
とくに濡れたりしませんでしたが、
友人は後ろを走っていたせいか少し濡れたようです。

あと、どうでもいいかもしれませんが、
終わった後にカポックとヘルメットを、
キレイなおねぇさんが外してくれようとしたんですが、
照れて自分で外してしまいました( ノД`)オレノバカヤロー!!

ちなみに、終わったあとは自由解散なので、
人が少なくなっています。

なので、写真とりたいけど人の目が気になるかたは、
ここが最大のチャンスです!

ボートに乗って写真を撮り、
さらに待機していたプロ選手にお願いして、
一緒に写真撮影もできましたよ(*’▽’)v

競艇選手-写真撮影

以上、ペアボート体験のリポートをお送りしました!
いかがでしたか?

走っているのを見てイメージするのと、
実際にボートに乗ってみるのとでは、
景色がまったく違います。

ぜひ、あなたも体験してみてくださいね(*^▽^*)
きっと「行ってよかった~!」って思いますよ。

行かれたなら、感想をコメントに書いていただけるとうれしいです。

ではでは~!

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ