Sponsored Link

冬のバイクにおすすめの手袋3選!防寒と防水ならコレしかない!

冬-バイク-おすすめ手袋

今年もバイク乗りにとって、
つらいあの季節がやってきました。

そう、冬です(;一ω一||)

あなたの今年の手袋は、
もうお決まりですか?

まだ決まっていない?ならば…

…原付バイクで通勤すること十余年!

冷たい風、雨、雪、みぞれまでと、
自然の厳しさを身をもって体験してきたわたしが、

「これが最強なんじゃないのか?」
「使ってみたらゴミ同然( ノД`)」

なんて失敗をくり返して、
たどり着いた冬におすすめの手袋
この記事でくわしく紹介させていただきますよ(*’ω’*)b

防寒、防水、操作性、価格などを
かんがえて厳選いたしました。

この記事を読めば、わたしのように失敗することなく、
冬に最強の手袋が手に入りますよ(*’▽’)

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

冬のバイクにおすすめの手袋3選!使い分けorローテがベスト?

わたしがおすすめする
手袋は以下の3つです。

おすすめ防寒グローブ3選

  1. ヒートテックライナーファンクショングローブ
    1500円/UNIQLO(ユニクロ)
  2. ウィンドシェルグローブ
    3800円/mont-bell(モンベル)
  3. 防水ネオプレーン手袋/商品番号:0203
    1500円/WORKMAN(ワークマン)

「どうせなら1つに絞ってくれない?」
なんて、思った方もいますよね?

結論から言いましょう。
冬にこれ1つで十分と言えるような、
手袋はありません!

なぜなら、防水機能の事情により、
雨と雨以外で使い分けるか、濡れたグローブを乾かして、
ローテーション
したほうがいいからです。

詳しくはこのあとで解説する、
防水ネオプレーン手袋で説明しますね。

ちなみに、1と2は雨以外の日に使うグローブとして、
3は雨専用の手袋として紹介していますよ。

それでは、これら1つひとつを、
これから詳しく説明していきますね(*’ω’*)b

さいごに性能の比較チャートなんかも作りましたので、
よかったら参考にしてください。

1.ヒートテックライナーファンクショングローブ/防寒・コスパ重視

ユニクロ-ヒートテックライナーファンクショングローブ

■メリット

  • 価格が安い
  • 防寒・操作性のバランスが良い

■デメリット

  • 防水性がない
  • ボリュームがありかさばる

暖かそうと思って、ぶ厚くて安い手袋を買ったけど、
いざ外でつけたらめちゃ寒いなんて経験ありませんか?

もう、ご存知かもしれませんが、
バイクの防寒手袋でもっとも大切なのは防風機能(*’ω’*)b

なぜなら、バイクで走っているあいだは、
冷たい風に常にさらされているからです。

ユニクロのグローブは1500円と安いのに、
防風機能が高性能でほとんど風を通しません。

さらに、内側のヒートテックフリースも手触りがよく、
保温と発熱の機能があってとても暖かい
です(*^▽^*)

ちなみに、セールを狙えば、
さらに安く購入することも可能ですね。

しかし、去年は早くに売り切れていたので、
あればすぐに買ってしまうことをおすすめします

2.ウィンドシェルグローブ/操作性・高機能重視タイプ

モンベル-ウィンドシェルグローブ

■メリット

  • 薄いのに暖かい
  • 操作性がとても良い
  • かさばらない
  • 濡れても乾きやすいく

■デメリット

  • 価格が高い
  • 防水機能がない(防滴)
  • 防寒性能がやや劣る

ウィンドシェルグローブの最大の魅力は、
『薄いのに暖かい』(*’ω’*)b

ユニクロのグローブと比べると、
少し寒いと感じることはありますが、
納得のできる暖かさです。

薄くしたぶん操作性がアップして、
ブレーキやアクセルなどの運転がしやすくなっています。

当然、つけたままの作業もしやすく、
コンビニでの支払いやスマホの操作で、
いちいち外すの必要がなく便利
ですよ。

さらに、薄いがゆえにコンパクト!
手袋ってはずすと邪魔になりませんか?

ポケットに入れて持ち歩くと、
見た目がパンパンになってかっこ悪いですよね?(笑)

ところが、このグローブなら、
ポケットに入れても全くわかりません(‘ω’)b

手袋-ポケット-厚み比較

どうです、すごくないですか?
Gパンのポケットに入れても違和感なし。

むしろ、入れてるのを忘れて、
ふと「落とした?」と勘違いするほどです。
わたしは実際に落としました(笑)

また、とても乾きやすい構造になっています。

雨に濡れても暖かいところにぶら下げておけば、
1日で乾くのも魅力的です。

価格はほかのグローブと比べると倍以上ですが、
それだけの価値は十分にありますよ。

ちなみに、甲にあるモンベルのロゴは、
時間経過による劣化で必ずはがれます(;’∀’)

3回リピートして全てはがれていますので、
間違いありません。

ちなみに、買いなおした理由は、
落としたのと、バイクのミラーに引っ掛けて、
干していたら盗られました(;’∀’)

はい、わたくしはマヌケです(笑)

3.防水ネオプレーングローブ/防水特化タイプ

ワークマン-防水ネオプレーン手袋

■メリット

  • 完全防水

■デメリット

  • ゴムくさい
  • 中が非常に蒸れる
  • 濡れると乾きにくい
  • タッチパネル不可

最初に説明しましたが、
これは雨の日のみおすすめするグローブです。

冬の雨ってめちゃめちゃつらいですよね?

どんなにぶ厚かろうが、水が浸入すれば
アッというまに指の感覚がなくなります。

そこで、わたしは防水かつ暖かい手袋を探しました。
そして気づいたんです。

防水と書いてあるグローブはあっても、
ほとんどが完全防水ではない
ことに(;’∀’)ガーン

防水なのは生地だけで縫い目から水が浸入し、
バイクで10分も走ればビチョビチョ。
期待はずれもいいところなんです。

その点このグローブは完全防水。
表面に水は吸い込みますが、
中まで水が浸入してきません( ゚Д゚)ガード!

しかし、逆を言えばそれだけ(笑)
ゴムくさいし、中は蒸れるし、乾きにくいと
完全防水はデメリットが多いんです。

なので、完全防水手袋の宿命として受けとめ、
使い分けられるようにこの雨専用の手袋を紹介しました。

Sponsored Link

おすすめ手袋の組み合わせはどれが良い?

いかがでしたか?

比較しやすいようにチャートにしてみましたので、
よかったら参考にしてください。(あくまでわたしの体感です)

ちなみに、防寒性能の最高評価がないのは、
アルペンにあったスキー用のミトンが最高だったからです。

ただ、バイクを操作するには危険すぎるので、
絶対におすすめしません(笑)

購入する組み合わせですが、
3つすべてはちょっともったいないかと思います。

ポイントは『雨のときどうするか?』です。

お金がどうしてもないというのなら、
ノーグローブという戦法もありますが、
経験上おすすめいたしません(笑)

なので、選択肢ごとの組み合わせをまとめました。
※名称が長いのでメーカーで表記してます

  1. 雨専用を用意して使い分ける
    ユニクロ or モンベル ワークマン
  2. ユニクロ/モンベル複数用意でローテーション
    ユニクロ×2
    モンベル×2
    ユニクロ モンベル
  3. 乾きやすいモンベルで翌日までに乾かす
    モンベル×1

1の組み合わせは、
雨が連続しても大丈夫なのがメリット。

突発的な雨に対応するために、
2つとも持ち歩く必要があるのがデメリットです。

2の組み合わせは、別々のメーカーで購入すれば、
その日の寒さや使用用途によって使い分けができます。

また、色がいずれも複数あるので、
おしゃれにも気をつかえます。

デメリットは雨の日ですね。
ユニクロ×2だと雨が連続すると乾かずに、
強制ノーグローブになる可能性がでてきます(;’∀’)

3のメリットはグローブ1枚で済むこと。

デメリットは2と同様に雨がつらいことと、
その日のうちに乾かすのが少し面倒なことですね。

これらの中でもわたしのおすすめは2の、
ユニクロとモンベルの組み合わせ
です。

それぞれ防寒性能や操作性が違うので、
使える期間が長くなりますし、
バイクの運転以外で使えるシーンも多くなりますよ。

また、雨の日の防寒機能は落ちますが、
雨が連続しても乾かせば強制ノーグローブは防げます(笑)

ぜひ、記事の情報を活用して、
冬の寒さを乗り切ってくださいね(*’▽’)b

ではでは~!

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ