犬の去勢(不妊)費用の相場は?えっ?こんな簡単な方法で半額に!?

犬の去勢費用
犬の去勢(不妊)費用の相場っていくらなの?

人間には健康保険があり、
医療費は3割負担で済みます。

最近では、犬の保険なるものも
でてきてはいますが、どの保険も
去勢手術は保障外です。

手術したあとに、
とんでもない金額を請求されたら…、
なんて考えたら怖いですよね?

ご安心ください。

この記事は、去勢(不妊)手術の、
費用の相場について記載しましたよ。

さらに!相場の金額よりも
ほぼ半額(少し盛ってますw)にした、
手法についても説明しています。

手術の安全は、
もちろん大切ですが、
お金も大切です。

簡単な方法なので、
ぜひ、あなたも試してくださいね。

また、基本的な手術の流れについて
書いていますので、安心して
ワンちゃんの手術に臨めるでしょう。

それでは、一緒にみていきましょう~!

Sponsored Link

去勢(不妊)手術の相場は?

まず、去勢手術の相場から
書いていきますね。

去勢手術の相場は
以下の表の通りです。

犬の去勢(不妊)手術の平均費用
2000年調べ
サイズ オス犬 メス犬
小型犬 2万2.095円 3万5.165円
中型犬 2万5.598円 3万9.544円
大型犬 3万102円 4万5576円
著書「図解入門業界研究最新ペット業界の動向とカラクリがよーくわかる本/福井晋」より引用

表を見て、わかる特徴は以下の2つです。

  • サイズが大きいほど費用が高い
  • メスはオスの費用の約1.5倍

2000年の情報ではありますが、
そこまで大きく変化はしてないかと思います。

メスは、開腹手術で、
入院が必ず必要になってくることから、
オスと比べて費用が高くなっています。

「ふんふん、家の犬だとこんなもんか」
「それじゃ、近くの動物病院でお願いするか」

ジーコロコロ…
ジーコロコロコロ…

な~んて、近くの病院に
手術をお願いしようとしている、あなた!

お願いするのはまだ早い、
そしてダイアル式電話はもう古い!!m9( ゚Д゚)

突然ですがわたし、
グレートデンという
超大型犬のオスを飼っています。

その犬に、去勢手術を行ったんですが、
去勢手術の費用は…

…なんと、1万8千円です!

相場の40%OFFで、
12000円も浮いちゃいました♪

安くするために、
かかった時間はわずか30分程です。

次の章では、わたしが費用を安くするために
実際におこなった方法。

さらに、知らずにあとで後悔した、
もっと安くなっていたかもしれない方法について、
書いていきたいと思います。

要は知ってるか知らないかだけで、
方法そのものは超簡単です。

見ないと、絶対に後悔しますよ~!

Sponsored Link

安く済ませる2つの方法

わたしが知っている、手術費用を
安く済ませる方法とは以下の2つです。

去勢手術を安くする方法は?

  1. 複数の動物病院に手術費用を聞く
  2. 助成金を申請する

ひとつ1つ詳細に説明していきますね。

1.複数の動物病院に電話する

「え~たくさん電話して聞いても、
相場とたいして変わんないんじゃないの?」

なんて、思ったあなた!

動物病院は自由診療となっていて、
医療費は病院側で自由に決められます。

なので、平均として相場はでていますが、
実際にはあってないようなものなんです。

わたしは4件の動物病院に電話して、
費用を聞きましたが、結果は以下の通りでした。

  • 38.000円
  • 40.000円
  • 30.000円
  • 18.000円

ご覧のとおり、実際には
費用にかなりのバラつきがあるんです。

電話することなく、
ネットで費用を調べられたらいいんですが、
記載されていないところがほとんどでした。

少し面倒ではありますが、
費用が数万円も違うことを考えたら、
電話する価値はあるかと思いますよ。

次に、電話で費用を聞くまえに、
事前に必要な準備について説明しますね。


■去勢費用を聞くのに必要な準備は?

去勢費用を聞くのに、
必要な準備は、以下の2つです。

  • 犬種
  • 犬の体重

犬種については、
麻酔のリスクが高い犬種がいるようなので、
聞かれることが多いです。

犬の体重は、多いほど
麻酔の量が多くなるので、
手術費用がかかるようですね。


■安い病院は医療レベルが低い?

「安かろう、悪かろう」なんて、
ことわざがあるぐらいだし、
安いところを選んでも大丈夫なの?

なんて、思ったあなた。

先ほども申し上げましたが、
医療費は病院が自由に決められるんです。

なので、「安い=医療レベル低い・手抜き」とは言えません。

もちろん、医療費が高いと、
そのぶん時間や手間をかけて、
診てもらえる可能性はあります
(あくまで可能性です)

いい病院の選択基準として、
費用ではなく、しっかりと手術方法やリスクについて、
説明してもらえるかどうかで、判断されるのがいいと思います。

事前に去勢手術のメリットやデメリット、
リスクについて知りたい方は、
こちらにまとめてありますので参考にしてください。
  ↓       ↓
犬の去勢のメリット・デメリットは?手術はホントに必要なの!?

また、知り合いにペットを
飼育しているかたがいたら、
病院について聞いてみるのもいいですね。

2.助成金を申請する

あなたがお住まいの、
市によっては去勢手術に、
助成金がでる場合があります。

「犬 〇〇市 去勢 助成金」
検索すれば、おそらく情報がでてくるでしょう。

ただし、条件や申請方法は、
市によって様々です。

年間で頭数制限があったり、
特定の病院限定であったりします。

ちなみに、わたしの地域では、
約6000円の助成金制度があり、
さらに動物病院でそのまま申請できるようでした。

残念ながら、わたしは
知らずに手術してしまい
恩恵にはあずかれませんでした( ノД`)シクシク

仮に申請していたのなら、

約30.000円の相場から…

30.000円-12.000円(安い病院の選択)-6.000円(助成金)=12.000円

トータルで18.000円引きの
12.000円となっていました。

なんと、相場の半額よりも安い、
60%OFFです!

病院で手続きができて簡単だし、
割引費用も6000円と大きいので、
ぜひ、調べてみるのをおすすめしますよ♪

それでは、さいごに
手術の流れについて説明しますね。

手術の流れは?

いざ手術、となったら、
どんな準備が必要か知ってますか?

もちろん、病院で説明されるとは
思いますが、ここで去勢手術の流れを
簡単に説明したいと思います。

手術の流れは以下の通りです

手術の基本的な流れ

  1. 手術の予約
    希望日に手術の予約をし、
    事前に必要な健康チェックなどを行います
  2. 絶食
    手術前日の夕方以降から絶食し、
    口にしてもいいのは水のみ
  3. 手術
    犬のトイレをできるだけ済ませて、
    病院に連れていく
  4. 経過観察
    • 不妊手術:1日~2日ほどの入院
    • 去勢手術:半日~1日の入院
  5. 抜糸
    手術後、1週間ほどしたら、
    再度病院に行って抜糸。

あくまで、基本的な手術の流れです。

病院によって違う場合もありますので、
参考までにどうぞ。

ちなみに、最近では
自然になくなる糸があるようで、
最近、去勢手術をした家の犬は抜糸がありませんでした。

時代の進歩って、
素晴らしいな~と思いましたね(*´Д`)

さいごに…

いかがでしたか?
お役に立ちましたでしょうか?

去勢手術を行うにあたって、
安全であることは大切ですが、
費用も忘れてはいけないポイントです。

もし、相場より、
うまく費用を浮かせることができましたら、
愛犬におやつやおもちゃを買ってあげてくださいね♪

ではでは~U^ェ^U ワン!

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ