Sponsored Link

賃貸契約 初期費用の値下げ交渉!この2つを意識して成功率アップ!

chintai-kousyou
賃貸契約の初期費用。

どうせ値下げ交渉するなら、
なんとかして成功させたいですよね?

あなたは、どうすれば交渉を
有利にすすめられるか知っていますか?

入るお金には無頓着、
しかし出るお金にはこれでもかと
厳しく目が光るわたし。

この記事は、そんなわたしが、  
交渉成功率をアップさせる
方法について書きましたよ。

値下げ交渉は、ただ安くしてくれと
ひたすら連呼しても、まず成功しません。
(身をもって実証済みですw)

じつは、交渉の成功率をあげる
大きなポイントとは以下の2つなんです。

  • 仲介業者を味方につける
  • 交渉に有利な時期を選ぶ

記事の内容は、
不動産屋を訪ねて業者から聞いたこと、
書籍から得た情報をもとに作成しています。

これを読めば必ず成功!
とまではいいませんが、
交渉を有利に進められることは間違いありません。

ぜひ、活用して、
交渉を成功させてくださいね(*’ω’*)b

それでは、一緒に見ていきましょう~!

Sponsored Link

その1 仲介業者を味方につける!

なぜ、仲介業者(以下、業者)を味方につけるのか?

それは、直接交渉をするのが、
あなたではなく業者だから
です。

あなたのために、交渉を頑張ろうと
思ってもらうために、業者へしっかりと
メリットを伝える必要があります。

業者のメリットとは、一言で言うと
『契約が成立する』ことです。

具体的に何を伝えるのかと言うと、
こんな感じですね。

業者を味方につけるために伝える3つのこと

  1. 契約する気がある
  2. あなた(担当者)で決める
  3. 交渉が成功すれば契約する

※ただしウソはダメです

ひとつ1つ見ていきましょう。


■1.契約する気がある

業者からすれば、
頑張って時間をかけて対応(交渉)しても、
契約まで至らなければ、骨折り損です。

なので、はじめの段階で契約まで
いく気があるのか、必ず見定めています。

「いつごろ、引っ越しのご予定ですか?」
「お探しの部屋の条件はなんですか?」

…など、質問で探ってきますので、
できるだけ具体的な数字で答えましょう。

具体的な条件が決まっていれば、
見込み客と判断してしっかりと
交渉してもらいやすくなります。


■2.あなた(担当者)で決める

さんざん物件探しや下見で
時間を割いたのに、最終的にほかの
仲介業者で同じ物件を契約されてしまった。

これは、下見のときに、
業者さんが2回もぼやいていた
会話の内容です(笑)

じつは、業者がもっとも恐れているのは、
他業者にうつられて、
お客さんがとられてしまうことなんですね。

わたしたちは、契約をどこでしようが
あまり関係ありません。

しかし、業者からすれば、
給与に関わる重要なポイントなんです。
(月のトータル契約額で給与が変わります)

なので、「物件探しや交渉を頑張ってくれたら、
必ず〇〇さん(担当者)から契約します」

と伝えましょう。

相手の立場と気持ちを汲み取り、
応えれば、こちらの安くしたい意図にも、
できるだけ応えてもらえるでしょう。

また、わたしで決めてもらえる、
と担当者がわかっていれば、
交渉などに時間をかけてもらいやすくなります。


■交渉が決まれば契約する

これは、あなたのもてる
最大の特権であり、切り札です。

値下げ承諾=即契約は、
オーナー・業者どちらにも
魅力的な条件としてうつることでしょう。

業者も即契約を理由に、
交渉がしやすくなります。

ただし、強力な切り札なだけに、
ウソは絶対にやめましょう。

せっかく、交渉が成功したのに、
もっと安くしてなんてことすると、
次の交渉がどうなるかは…お察しの通りです。

それでは、次の章で
交渉に不利・有利な時期について、
説明していきますね。

時期が選択できるなら、
かなり交渉を有利に進められるので、
ぜひチェックしてくださいね。

Sponsored Link

その2 交渉に有利な時期がある!?1~3月は避けるべし

交渉の不利・有利な時期を
ざっくりとまとめてみました。

交渉に有利・不利な時期は?

calender

  • 有利
    • 5月中旬~8月上旬
    • 9月中旬~12月
  • 不利
    • 1月中旬~3月下旬

引用元:賃貸生活AtoZ

1月中旬~3月下旬は
新入生や新入社員の転居、会社員の転勤などで
賃貸住宅の需要がもっとも上がります。

この時期は、オーナーからすれば、
値下げに応じずとも借り手がいるので、
交渉が成功しにくいです。

基本的に1月中旬~3月下旬以外は、
賃貸住宅の需要が低く、
交渉に有利な時期となります。

大半の人が引っ越しを終えた
5月中旬~8月上旬、
人が動きにくい9月中旬~12月はとくに有利です。

一例なんですが、わたし12月に
不動産屋を尋ねてみたんですね。

最初ひとりに対応してもらってたのが、
質問を重ねるうちに、奥から偉そうな人もでてきて、
気づけば3人に囲まれてました(笑)

契約への心理的な圧力がなかった、
と言えばウソになりますが、
それだけ業者もこの時期は必死ってことです。

そのぶん、手厚く接してもらえますし、
業者も契約までこぎつけようと、
頑張ってもらえます。

まとめ

いかがでしたか?
それでは最後にまとめますね。

交渉の成功率をあげる方法は?

  1. 業者を味方につける
    • はじめに契約する気があることを伝える
      (質問に対して具体的な数字をつけて答える)
    • あなた(担当者)から決めると伝える
    • 交渉が成功したら契約すると伝える
  2. 有利な時期に交渉する
    • 1月中旬~3月下旬を避ける
    • 5月中旬~8月上旬・9月中旬~12月に交渉

わたしの契約は、
途中でわたしの事情がかわったため、
交渉を中断してしまいました。

しかし、プロの業者から
「(値下げ額が)これならたぶん頑張れます」との
言葉をもらい手応えは十分にありました。

あとは、切り札をつかって、
さらに値引き額を上げて
交渉に挑んでもらう予定でしたね(笑)

不動産での実績は残せてませんが、
電化製品など値切ってきたわたしが
いうんですから、間違いありませんw

ぜひ、活用して値下げを
バチッと決めちゃってくださいね♪

賃貸住宅の初期費用の記事は、
こちらにまとめてありますので、
よかったらご覧ください。
 ↓     ↓

ではでは~。

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ