Sponsored Link

二度寝してしまう原因は?意志が弱くてもできる対策はコレ!

寝ている男の子

せっかく朝はやく起きれたのに…

…ふとんの中でボーッとしていたら、
いつの間にか二度寝(˘ω˘)グゥ

ハッと目覚めたときには、
すでに遅刻の時間。

ハァ~、なんで二度寝してしまうんだろう( ノД`)

このように、ついついやってしまう二度寝。

できることなら、なくして
朝の自由な時間をゆっくりと過ごしたいですよね?

過去に寝坊や二度寝による遅刻を、
数えきれないほどやってきたわたし。

そんなわたしが二度寝してしまう原因と、
二度寝の防止対策をこの記事にまとめましたよ(´▽`v)

ぜひ、この記事の情報を活用して、
朝の自由な時間を満喫してくださいね。

それでは一緒に見ていきましょう~!

Sponsored Link

二度寝してしまう原因は?寝ぼけこそ最大の敵!

本音を言えばもっと寝たいですよね?

でも、起きなければいけないのも、
わかっていますよね?

朝、頭のなかでは、
寝たいという本能の欲求と、
起きたいという意志との戦いが起こっています。

でも、ついつい本能に負けて、
二度寝してしまうんですよね~(-_-;)

これはあなたの意志が、
弱いから起こると思っていませんか?

ズバリ、違います!

朝おきた瞬間は頭がうまく働かない状態、
いわゆる寝ぼけている状態なので、
意志の力が働きにくい
のが原因なんです。

つまり、二度寝しないためには、
意志を強くしようとするよりも、
以下のアプローチが有効なんです。

  1. 二度寝できない(寝れない)状態を作り出す
  2. 寝ぼけ→覚醒(かくせい)までのスピードを早める

簡単にご説明しておきますと、
1つ目は二度寝してしまうのなら、
寝れない環境をむりやり作りだす方法ですね。

寝ずに時間が経てば、
自然と目が覚めてきますから。

2つ目は寝ぼけている状態から、
頭がはたらく(目覚める)までの時間を早くする方法です。

どうです、どんな方法か
知りたくなってきましたか?

それでは、いよいよ次章で
くわしく解説していきますよ~ヽ(・∀・)ノ

Sponsored Link

二度寝対策は?やることは必ずは決めておくべし!

二度寝しない方法は、
以下の2つにわけて説明していきますね。

  1. 前日準備編
  2. 当日実行編

かならず守ってほしいのが、
当日に行う対策はあらかじめ決めておくことです(*’▽’)b

なぜなら、さきほども言いましたが、
起きた瞬間は意志の力が弱いからです。

あれしようか、これしようかなんて考えていたら、
あっという間に意志の力を使いはたし、
本能に負けてしまいます。

あらかじめ決めておいての、
一点突破が超重要なんです(´▽`v)

覚えておいてくださいね。

それでは前日準備できる方法から見ていきましょう。

準備編

  • 目覚まし時計を寝床からはなす
  • 朝日の光をあびる
  • エアコンを活用する

■目覚ましを寝床から離す

まず、聞いておきたいんですが、
目覚まし時計をどこに置いていますか?

もし、寝床から手がとどく位置なら、
今日といわず、いますぐ寝床から離してください。

たったこれだけで、
二度寝する確率がおおきく下がります(*’ω’*)b

その理由は以下の2つです。

  1. 二度寝しやすい環境(ふとん)から強制的に抜け出せる
  2. ふとんから出るとき体を動かすので目覚めやすくなる

まず、ふとんから出るので、
目覚ましをとめて、そのまま二度寝することができません

二度寝するにしても、
ふとんに戻るまでのわずかの時間に目覚めてきて、
「起きよう」とする意志が働きやすくなりますよヽ(・∀・)ノ

目覚ましを離すと起きれないかも、
というかたは、こちらに参考になる情報を
書いていますのでよかったらご覧ください↓↓
寝坊しない方法は?目覚ましが鳴っても起きられないならコレ!


■朝日の光を浴びる

カーテンの隙間から差す光

じつは、朝日の光を浴びると、
目覚めやすいって知ってましたか?

太陽の光には、眠りを推進するホルモン
『メラトニン』の分泌を抑える働き
があります。

つまり、太陽の光をあびれば、
目覚めやすくなるんです(*’ω’*)b

ですので、夜にカーテンを開けておいて、
体に朝日があたるようにしておきましょう。

外から中が見えるので、
カーテンが開けづらいという方は、
ほんの少しだけカーテンを開けて、
部屋に光が差し込むようにしておくだけでも問題ありませんよ。


■エアコンを活用する

エアコン

あなたは二度寝しやすい季節が、
いつか知っていますか?

そう、冬です(*’▽’)b

ただでさえ眠いのに、
ふとんから出るのまでつらくなったら、
そりゃあ二度寝だって増えます。

もし、いまの季節が冬なら、
起きる30分前にエアコンをつけて、
ふとんから出やすく
しておきましょう。

それだけで、ふとんから出られなくて
ついつい二度寝してしまう、
なんてことがなくなりますよ(*^▽^*)

当日実行編

  • 立つ
  • 座る
  • 水を飲む
  • 鏡を見る

■立つ

あなたは立ったまま、寝ることができますか?

できませんよね?(ノ∀`)タハー

これは二度寝できない状況を作り出し、
時間の経過で目覚める
のを待つ方法です。

起きたらなにも考えずにただ立ちつくし、
頭や体が目覚めてくるのを待ちます。

「歯みがかなきゃ」や「朝ごはん食べよう」と、
頭が考えだし、次の行動にうつす気力が
わいてきたら動きだす、といった感じですね。


■座る

これは先ほどの『立つ』に比べて、
やや行動のハードルを下げた方法です。

朝起きてすぐに立つのがムリなら、
座って少しのあいだボーッとしておきましょう(˘ω˘)ボーッ

とはいえ、「座るだけだと寝てしまうよ」、
という方もいますよね?

わたしもこの方法を使って、
寝てしまったことがあります。

ただ、イスのおかげか眠りが浅くなり、
数分でハッと目覚める
ので、
いまもこの方法を使っていますよ。

座ったままでも熟睡してしまう方は、
他の方法と組み合わせて行うといいでしょう。


■水を飲む

コップ一杯の水

朝、コップ1杯の水を飲む効果を、
あなたは知っていますか?

朝起きたとき、まだ胃腸は休んでいる状態。

そこにコップ1杯の水が入ることで、
胃腸が刺激され、体を内側から目覚めさすことができます

さらに、体温より冷えた水が、
いい刺激となって頭がスッキリするんです。

とくに冬は常温でも、
冷えているので効果が高いですね(*’ω’*)b
(胃腸が弱いとお腹こわすかも?)

前日に寝床の近くに、
水を用意しておくといいでしょう。

ちなみに、わたしは水をゴクゴク飲めないので、
やるときはお茶にしていますよ。


■鏡を見る

朝起きたときは、
頭の中は寝たいという気持ちでいっぱいです。

そんな眠気から意識をそらそうとするのが、
この鏡を見る方法。

鏡で自分をじっと見てると、
髪型や顔の汚れ、表情などに意識が向いてきます。

すると、いつのまにか、
さっきまであんなにもあった眠気が、
スッとどこかにいっちゃうんです。

自分が大好きなひとほど、
より効果が高いかと思いますよ(〃▽〃)

組み合わせれば二度寝防止効果アップ!たとえば…

いかがでしたか?
さいごに簡単にまとめますね。

■準備編

  • 目覚まし時計を寝床からはなす
  • 朝日の光をあびる
  • 目覚める30分前に部屋をあたためる(寒い季節限定)

■当日実行編

  • 立つ
  • 座る
  • 水を飲む
  • 鏡を見る

これらは1つ実行するだけでも、
もちろん効果があります。

けれど、組み合わせたほうがより確実です。

わたしの場合は、前日にカーテンを少しあけておき、
寝床から離れたテーブルの上に、
目覚ましと鏡をまとめて置いています。

そうすることで、
以下の流れができあがって、
二度寝しなくなるんです。

  1. 目覚ましをテーブルまで止めに行く
  2. 近くにあるイスに座る
  3. 自然と目の前にある鏡を見る
  4. それでも眠いなら鏡に顔をつけて冷やす(温度による刺激)

イメージできましたか?

目覚ましをとめるのは睡眠の邪魔になるので、
意志の力はいりません。

あとは目覚ましの近くに必要なものをおいておくので、
自然の流れで行動できるようになります。

これならできそうでしょ?

二度寝しないことで、できた自由な時間を、
ス~~ッと鼻で深呼吸したくなるような、
いい香りのコーヒーを楽しむもよし(*´▽`*)ハァー

サクサクに焼けたトーストにバターをぬって、
半熟の目玉焼きをのせちゃったりなんかして、
朝ごはんを楽しむもよし( º﹃º )ジュルリ

ぜひ、朝の時間を満喫してくださいね(´▽`v)

ではでは~!

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ