水虫薬の効果的な塗り方!もう再発とはオサラバ!

水虫の薬を購入したけど、
塗り方の説明文が
「1日1回適量を患部に塗布してください」のみ…

どれぐらいの範囲にどれだけ塗ればいいの?
1日1回塗布とあるけど、いつがいいの?

完治の判断は?
効果はどんな感じで表われるの?

そんな悩みでお困りのあなた!

水虫は再発率が40%以上と高い病気です。
治療において最も大切なのは、
1度でしっかりと「完治」させることです。

この記事は、水虫を完治させるために、
知っておきたい水虫薬の塗り方の
コツをまとめましたよ!

また、水虫だったわたしが、
治癒に向かう症状の変化を
画像つきで記載していますので、
ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、一緒に見ていきましょう~!

Sponsored Link

知っておきたい治療期間と塗る範囲

まずは治療する際に、
一番大切な2つのポイントを解説します。

水虫再発の原因のひとつに、
中途半端な治療があげられます。

では、中途半端な治療とは何でしょうか?
以下をご覧ください。

  • 治療期間の不足
  • 塗布範囲が不十分

それでは、ひとつ1つ解説していきますね。

治療期間は?

再発する人の、最も多い原因は治療期間の不足があげられます。

治療を開始すると約2週間ほどで、
“水疱がなくなる、かゆみがなくなる”などの、水虫の自覚症状がなくなります。

しかし、自己判断でこの自覚症状がなくなった時点で、
治ったと判断して治療をやめて、再発する方が非常に多いのです。

2週間治療した程度では
自覚症状はなくなっても、菌はまだ足に生息しています。

水虫薬の効果は、殺菌ではなく、抗菌(菌の増殖を抑える)です。
増殖を抑えて、皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)で菌を排出します。

正しい治療期間とは、症状がなくなるまで、ではなく
“足の皮膚がターンオーバーするまで”なんです。

ターンオーバーの期間は、年齢や、疲労などによっても変化し、
だいたい28日~56日程度と言われています。

例えば、30~40代の方では45日程度と言われています。
メーカーの推奨治療期間は、
症状がなくなってから1ヵ月とあるので同程度ですね。

最低でも45日は治療を継続したほうがいいでしょう。
50代~の方は約2ヵ月ほど治療されるといいですね。

治療期間が終わり、まだ薬が残っている場合は、
念のため薬がなくまるまで、塗っておくことをおすすめします。

塗布範囲は?

菌は自覚症状がある部分以外にも、存在しています。
なので、症状がない部分にも、塗る必要があります。

病巣から周囲約5cmほどがいいでしょう。

さらに、足指の間は、足のなかでも菌が、
もっとも生息しやすい場所となっていますので、必ず塗っておきましょう。

市販薬は高価なので、広く塗るのはもったいなく感じるかもしれませんが、
再発しては元も子もありません。

自分の症状にあったもので、量が多く、安いものを選択しましょう。

水虫の市販薬の選び方については、
こちらに詳しく記載していますので是非ご覧ください。
    ↓        ↓
おすすめの水虫市販薬 最新版!もう選ぶのに悩まない

Sponsored Link

その他治療する際のポイント

ここから治療期間、塗る範囲以外の
ポイントについて解説します

以下をご覧ください

  • 塗るタイミング
  • 塗る回数
  • クリーム・軟膏の塗り方と量
  • 液剤の塗り方
  • 湿潤型(ジュクジュク水虫)の対処法
  • 効いているかの判断は?

ではひとつ1つ一緒に見ていきましょう~♪

塗るタイミング

時間はいつでもいいですが、
せっかく塗った薬が、流れ落ちる入浴前は避けましょう。

おすすめは入浴後です。

なぜなら、足の汚れがおち、さらに足がふやけるので
薬の浸透がよくなるからです。

また入浴の際に、薬をしっかり効かせようとの理由で
足をゴシゴシ洗うのは絶対にやめましょう。

薬品は浸透性を高めるために、皮膚のバリアを除く効果もあります。

そこに、更に皮膚を傷つけることは、
かぶれや2次感染の危険性が高くなってしまいます。

塗る回数

回数は、表記されている回数塗りましょう。

回数を増やしても、効果が大きくなることはありません。
逆にかぶれる危険性があります。

クリーム・軟膏の塗り方と量

よく伸ばして、足にすりこむように塗りましょう。

量は若干ベタつく程度に塗ると、
自然と塗る範囲が広がります。

液剤の塗り方

ノズルがついているタイプならいいのですが、
違う場合は足から液がたれて、床が汚れますし、非常にもったいないです。

わたしの場合は、コットンに薬品を染み込ませて塗っていました。
大き目の綿棒などもオススメです。

湿潤型(ジュクジュク水虫)の対処法

特にジュクジュク水虫の方に、やってもらいたいのですが、
治療には乾燥させることも大切です。

乾燥のためには裸足でいるのが一番良いのですが、
そうもいかない人がたくさんおられるでしょう。

なので、靴を履く場合は、薬を塗ったあとに
蒸れやすい足指の間を乾燥させる、5本指の靴下を着用しましょう。

また、5本指の靴下は乾燥だけでなく、
家でも、塗った薬が床につくのを防ぐこともでき、ダブルでおすすめです♪

100均などで、安くで購入できます。
治療専用にまとめて買ってしまいましょう(*^▽^*)b

効いているかの判断は?

かゆみや、水疱がなくなるといった効果がでるのは、
およそ2週間と言われています。

水虫薬を塗ったあとの症状の変化

この画像は、実際にわたしが治療をはじめて、2週間後の画像です。

わたしの症状は、かゆみは元々なかったのですが
水疱がなくなって、赤みがひいてきました。

かなり、効果がわかりやすかったです。

もし、2週間経っても変化がなかった場合は、
水虫ではない可能性が高くなります。

水虫の症状については、
こちらに、詳しく記載したのでご覧ください。
    ↓       ↓
足の水虫の症状とは?えっ?自称水虫の1/3はカン違い?

また、かゆみが強くなったり、赤みや小水疱がひどくなったりと
悪化している場合は、かぶれや2次感染の可能性があります。

すぐに治療を中止してください。

ここで、薬が効いていないと勘違いして、
さらに薬を塗ると症状が悪化してしまいます。

水虫薬はあくまで水虫を治療する薬であって、
かぶれなどの皮膚炎を治療する薬ではありません。

悪化した場合は、医師に相談して、
適切な薬を処方してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
では、最後にポイントをまとめましょう。

  • 治療期間は45日(50歳以上の方は2か月推奨)
  • 塗る範囲は病巣から周囲5cmと足指の間
  • 塗るタイミングは入浴後
  • 回数は指示回数を守る
  • クリーム・軟膏は良く伸ばし、ベタつく程度に
  • 靴を履く場合は5本指ソックスがおすすめ
  • 悪化した場合は、治療を中止する

しっかりと、効果的に治療するために、
塗る範囲は必ず広めに塗りましょう(*^▽^*)b

治療で一番やっかいなのは、
完治に必要な期間の約1/3で、自覚症状がなくなることです!

自覚症状がなくなると共に、
治療のやる気が一気に失われてしまうんですね~。

水虫の治療は、自覚症状がなくなってからが本当の勝負です!!

再発→治療→再発…のループに一旦なってしまうと、
なかなか抜け出せなくなります。

面倒な治療は、一度で終わらせちゃいましょう!
ファイト~♪ヽ(・∀・)ノ

水虫の市販薬の選び方や、
塗り方のコツなどの水虫に役立つ記事の
まとめはこちらです。
 ↓     ↓

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ