熱中症の応急処置は?冷やす方法とポイントはコレ!

「熱中症にはどういう流れで対応すればいいの?」
「救急車の呼ぶ判断はどうすれば…?」
「熱中症の応急処置の方法は?」

なんて、お悩みのあなた!

私は調理という火を扱う仕事しているため、
どうしても熱中症になりやすいです(;’∀’)

熱中症になったとき、応急処置?として、
よくやっていたのが「アイスシャワー」です。

ザルに氷をたくさんいれて、
頭を下におき、上から水を流します。
(名前そのまんまですw)

これが、スゴイ効き目で、
頭が一瞬で凍りつき、
もうろうとしていた頭もスッキリ!!…

…したものの、
仕事にもどると、スッキリ感もどこへやら、
数分で元通りに(;^_^A

この方法でも、悪くはありませんが、
効果的ではないんですよね。

体を冷やすのには、しっかりとした
方法とポイントがあるんですm9(‘Д’)

そのポイントについて、
わたしが本を読んで調べましたので、
あなたにシェアしたいと思います。

この記事は熱中症の応急処置について、
以下の通り記載しています。

  • 熱中症の応急処置の順番は?
  • 救急車を呼ぶタイミングと流れは?
  • 応急処置のやり方は?
  • 回復の判断とその後の注意点とは?

この記事を読めば、あなたは明日から、
応急処置のスペシャリスト(熱中症のみ)になれるはず!

弱っている人間を助ける人はカッコイイです。
ぜひ、私と一緒に助男(スケメン)になりましょう~(笑)

※一応説明しておくと
スケメンとは、助ける男のことです。

Sponsored Link

応急処置のフローチャート・救急車をよぶ流れは?

まず、お急ぎの方に応急処置の
フローチャートを用意しましたので、
ご覧ください。

熱中症の応急処置-フローチャート

熱中症と思われる症状がでたら、
フローチャートをたどって、
順番に処置を行っていきましょう。

熱中症の症状と、判断方法については、
こちらの記事に詳しく記載されていますので、
ご覧ください。
  ↓          ↓
熱中症の症状は?その頭痛と下痢はもしかして?

応急処置でなによりも大切なのは、
救急車をよぶ時の判断です。

熱中症は重症になると、腎不全などの後遺症や、
死に至る可能性まである怖い病気です。

「呼んだ後に回復して、救急の方に迷惑かけたらどうしよう」
などと考えずに、条件が合えば早急に対処しましょう。

なにもなかったら、それで良いんです!

次の章では、救急車の呼ぶ流れについて、
解説していきますね。

救急車を呼ぶ流れは?

救急車を呼ぶ流れは、以下の通りです。

  1. 119番に通報
  2. 現在地を伝える
  3. いつ、だれが、どうなったのか?を伝える
  4. 救急車が近くまで来たら合図して知らせる
  5. 経過をよく知っている人が病院まで付き添う

いつ、だれが、どうなったのか?を伝えるときに、
熱中症が疑われるのなら、それも一緒に告げておきましょう。

医師の診断や処置の助けになります。

経過を知ってる人が付き添うのも、
同じ理由からです。


■携帯でも簡単!場所をつたえる方法とは?

「出先だと、現在地をうまく伝えられる自信がないな…」

なんて、考えてしまったあなた!
じつは私も、地理が苦手ですw

しかし、安心してください。

いまは携帯のGPS機能で、
位置を通知することができるんです。

わたしは、最近事故をして、
救急車ではないんですが、
警察に緊急通報したことがあります。

その時に、現在地をうまく説明できず、
慌てて近くの建物の名前を連呼していたら、
少し経って、急に現在地を理解してくれました。

聞くと、どうやら携帯の、
GPS機能で現在地がわかるようです。

なので、地理が苦手なかたは、
GPS機能をONにしておけば、説明がいりません。

※いちおうOFFにしていても、相手側で
強制的に位置情報を取得することも可能です。

安心していただけましたでしょうか?

それでは、次の章で知っておきたい
応急処置について詳しく書いていきますね。

Sponsored Link

応急処置の方法は?

応急処置で大切なのは、以下の2つです。

  • 体を冷やす
  • 水分・塩分を補給する

上記のフローチャートでも、
その方法について少し触れていますが、
ここから、さらに詳しく解説していきますね。

応急処置の方法は?

応急処置の方法は、以下の6つです。

  • 涼しい場所への避難
  • 脱衣・服をゆるめる
  • 水をかけて、体をあおぐ
  • 体の表面に冷たいものを当てる
  • 水分と塩分を補給
  • 足を高く、頭を低くする

ひとつ1つ詳細に、説明していきますね。


■涼しい場所への避難

室外ならば、日陰で風通しの良いところへ、
室内ならクーラーのきいた場所へ避難しましょう。

風通しの良い場所に移動するのは、
人体は汗をかき、蒸発したその熱で、
体温を下げる仕組みがあるからです。

風があると汗を蒸発させやすくなるので、
体温を下げやすくなります。


■脱衣・服をゆるめる

こちらも上記の理由と同じです。

衣服を脱いだり、ゆるめたりすることで、
服と体のあいだの通気性をよくして、
体温を下げやすくします。


■水を体にかけ、あおぐ

水やスポーツドリンクなどを、
霧吹きや口などに含んで、体にかけ、
タオルや服などであおぎます。

熱中症は重症になると、汗もかけなくなるので、
汗の代用として、体に水をかけ、
蒸発させて体温を下げます。


■体の表面に冷たいものを当てる
熱中症の冷やす場所
体の表面に氷のうやアイスパック、冷水タオルなどの
冷たいものを当てて、直接冷やします。

冷やすポイントは、画像の青丸部分の
「首・わきの下・股の間」です。

なぜなら、この3つのポイントには、
大きな血管があるからです。

血液は体全体に流れているので、
冷やすことで、全身の温度を下げることができます。


■水分・塩分を補給
熱中症の飲み物
水分を補給する場合は、
必ず塩分も補給しましょう。

体が水分をしっかりと吸収するには、
塩分やブドウ糖が必要になります。

緊急ならば、
スポーツドリンクがいいでしょう。

急いで準備できるのなら、
点滴とほぼ同等の効果が期待できる
経口補水液がベストです。

熱中症対策飲料のおすすめや、
経口補水液の自作方法などは、
こちらに詳しく記載しています。
 ↓       ↓
熱中症 対策飲料のおすすめは?症状に合わせた飲み物はコレ!


■足を高く、頭を低くする

脱水症になると、血圧が下がり
脳への血流が減るため、
失神や頭痛の原因となります。

脳に血を送るため、
頭を低くして、足を高くしておきましょう。

回復の判断とその後の注意点は?

■回復の判断は症状と尿

回復の判断は、症状の有無と、
尿が出ているかどうかです。

脱水症は体の水分が不足しているので、
尿がでづらくなります。

なので、熱中症の症状がなく、
尿が普通に出る
ということは、
回復に向かっている可能性が高いです。

■その後の注意点は?

熱中症にかかると、
症状は回復はしたとしても、
体は弱っている状態です。

体力が低下していると、
熱中症にかかりやすくなるので、
無理をしないように注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
それではまとめますね。

救急車を呼ぶタイミング
  • 意識障害がある
  • 自力で水分がとれない
  • 処置を行っても回復しない
救急車を呼ぶ流れ
  1. 119番に通報
  2. 現在地を伝える
  3. 「いつ・だれが・どうなったのか」を伝える
    熱中症が疑われるのなら合わせて告げる
  4. 近くまで救急車がきたら合図で知らせる
  5. 経過をよく知る者が病院まで付き添う
応急処置の方法
  • 涼しい場所への移動
  • 脱衣・衣服をゆるめる
  • 水を体にかけて、あおぐ
  • 首・わきの下・股の間に冷たいものを当てる
  • 水分・塩分を補給する
  • 頭を低くして、足を高くする

熱中症にかかったかも?という人が出たら、
ぜひ活用してくださいね~♪

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ