Sponsored Link

珪藻土バスマット 6つのデメリットを実証!洗えないし冬は冷たい?

珪藻土バスマットは優れた吸水力に加えて、
アッという間に乾いてしまう速乾性があります。

さらに、通常のバスマットとは
比べ物にならないぐらい
お手入れが超カンタン!

な~んて聞いたら、
まるで魔法のアイテムかと思いますよね?

しかし、あなたが気にしているように、
珪藻土バスマットも一長一短。
デメリットがないわけではありません。

購入する前に、メリットはもちろんのこと、
デメリットも知っておきたいですよね?

そこで、珪藻土バスマットを使い始めて
すでに4か月のわたしが、
実体験などをもとにデメリットを、
この記事にまとめましたよ。

この記事をお読みいただければ、
「購入して失敗した~」なんてことは、
なくなるでしょう(*’ω’*)b

ぜひ、購入前に読んで、
参考にしてくださいね。

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

珪藻土バスマット 6つのデメリット

まずは、珪藻土バスマットの
デメリットをまとめましたので、
ご覧ください。

珪藻土マット 6つのデメリット

  1. 水洗いできない(一部商品は可)
  2. 硬いので床が傷つく
  3. 割れやすい
  4. 冬は冷たい
  5. 日干しできない(一部商品は可)
  6. 寿命が2年

わたしが、デメリットが大きいと思う
順番に並べてあります。

ひとつ1つ説明してきますので、
見ていきましょう(*’ω’*)b

1.水洗いができない(一部商品は可)

珪藻土バスマットの最大のデメリットは、
洗濯(水洗い)ができないことです。

珪藻土バスマットは、
吸水・乾燥までが非常に早いため、
菌が繁殖しにくいので洗濯がいりません。

まるで、魔法のようなアイテムに、
感じますよね?

しかしこれ、悪く言い換えると、
吸水・乾燥が速すぎて、
洗濯ができないってことなんです。

もし、表面に汚れがついたら、
拭き取るか表面を紙やすりで削りとって、
キレイにするしか方法がありません。

この削りとるお手入れは、
少し面倒ではありますが、
通常であれば半年に一度が目安なので、
そこまで気にはなりません。

※参考までに、わたしは使いだして
4か月経ちますが表面に汚れはないです

ただ、汚れやすい環境で使うなら、
当然ながら削るお手入れの回数も多くなるので、
大変になります。

また、中まで浸透してしまった汚れは、
洗うのが難しいです。

一部日本製の高いものは、
水洗い可能ではありますが1~2分だけと短く、
しっかりと洗えるわけではありません。
(おそらく表面だけ)

水分はすぐ吸収してしまうので、
もしペットにオシッコされたら、
中まですぐ浸透するため、たぶんとれません(;^_^A

うちは犬を2匹飼っているので、
間違ってオシッコされないように、
脱衣所には入れないようにしてあります。

2.割れやすい

表面が石のように硬いのですが、
目に見えない穴が無数に開いているせいか、
割れやすいです。

耐荷重量がだいたい80~130kg。
※商品によって異なりますので、
購入の際に確認されることをおすすめします。

しかも、平らな場所に設置しないと、
さらに割れやすくなる…というか割れます(笑)

珪藻土マット-敷く場所

わたしの家の脱衣所には、
画像のような2mmぐらいのちょっとした段差があり、
そのうえに置いて使用したら…

…「ピキッ!!」と割れた音がしました。

なんとか大丈夫(中で割れた?)だったんですが、
買って初日の出来事だったので、
「即死!?」と冷や汗が出ましたよ(;^_^A

わたしは、そこしか設置できなかったので、
いまは下にクッションとして、
滑り止め用のマットを敷いて使用しています。

すのこや、100均の滑り止めシートを
敷いてる人もいるようですね。

Sponsored Link

3.床が傷つく

素材が硬いため、
フローリングだと動かすさいに、
床が傷ついてしまう可能性が高いです。

対処方法としては、
上記と同様でなにか下に敷くのがいいでしょう。

4.冬は冷たくなる

もしかして、あなた冷え性ですか?

通常のバスマットとは違い、
珪藻土バスマットは気温によって、
温度変化しやすいです。

そのため、冬は足が冷えます(;’∀’)

冷え性の方は、冬は通常のバスマットで、
それ以外の季節は珪藻土バスマットを使用と、
使い分けるのがいいかもしれませんね。

5.日干しができない(一部商品は可)

太陽
珪藻土マットのお手入れは、
基本陰干しです。

反り・割れの原因となるため、
太陽光による消毒・殺菌ができません。

ただし、一部商品は、
日干し可能なものもあるようです。

6.寿命が2年

珪藻土マットは約2年が寿命です。

通常のバスマットと比べると、
短いかもしれませんね。

ただ、通常のバスマットの、
洗濯にかかる時間や水道代なんかを考えると、
コスパは良いと思っています。

まとめ

いかがでしたか?

では、最後にまとめますね(*’ω’*)b

珪藻土マット 6つのデメリット

  1. 水洗いができない(一部商品は可)
  2. 硬いので床が傷つく
  3. 割れやすい
  4. 冬は冷たい
  5. 日干しができない(一部商品は可)
  6. 寿命が2年

最大のデメリットは、
洗えないことです。

ただ、普通に使っているぶんには、
汚れやすいとかは、
わたしは感じませんでした。

子供や旦那が、どろどろの足で
上にのるとかがあるのなら、
お手入れが逆に大変になるかもしれません。

また、ペットを飼っているかたは、
おしっこされてしまうと、
使えなくなる可能性もありますね。

わたしの場合は、ペットのおしっこや、
割れてしまうリスクがわずかにあるので、
高いものより、安いものを買って使えなくなったら、
買い換えるのがベストと考えています。

でも、安物って品質が悪いんじゃないか
って思いますよね?

いま、わたしは安い
珪藻土マットを使用していますが、
全く不満はありませんよ。

安物の品質(メリット部分)は、
こちらに詳しく書いていますので、
よかったら参考にしてくださいね。
 ↓     ↓
珪藻土バスマットの口コミ情報!お手入れ含む3つのメリットとは?

Sponsored Link

Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ