枕が悪いの?あわない枕が引き起こす症状と3つのポイント!

枕の画像
「朝起きると肩が痛い」
「頭痛がする」
「しっかり寝ているのに、疲れている」

この症状って枕が悪いの?とお悩みのあなた!

この記事はそんなあなたに向けて
以下について記載しています。

  • 合っていない枕が引き起こす症状
  • 症状を引き起こす枕の3つのポイント
  • 合わない枕の判断方法

あなたは、いまの枕をどうやって選びましたか?
頭を置いて、硬さや高さを確かめたりしたのではないでしょうか?

その選ぶ基準…

間違っていません!!!
間違っているのは、あなたの好みで選んでいる事です。

あなたの好みと体の好みは違います!
体に合わせて選んであげる必要があるのです。

いまの枕があっているのかどうかを
判断する方法も紹介していますので、是非ご覧ください。

それでは一緒に見ていきましょう~!

Sponsored Link

合わない枕が起こす症状とは?

まず、合わない枕が引きおこす症状を見ていきましょう。

あなたの症状が、ないかチェックしてみてください。

  • 首筋の痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • いびき
  • めまい
  • 不眠
  • 寝違え
  • 顔のむくみ
  • 手のしびれ
  • 腰痛

代表的なものは首筋の痛みや肩こり、いびきになります。

枕は首を支えるものなので、
一般的には、顔や首付近に症状が現れると思われがちです。

しかし、手のしびれや腰痛など別の部分にも
症状が現れることもあります。

これは、あわない枕による、首の神経の圧迫、
首の骨と腰の骨のバランスの崩れが原因です。

首筋の痛みや肩こりなどは、枕ではなく、
長時間のパソコン作業など、個々の生活習慣が原因の場合もありますね。

この場合、枕が原因なのか判断する方法としては、
朝起きた時に、一番ひどい症状が現われるかどうか?を確認しましょう。

また、寝る前はなんともなかったのに、
朝起きると症状が現れる、寝たはずなのに疲れている場合も、枕が悪い可能性が高いです。

症状を引き起こす3つのポイント

次に、その症状を引き起こす枕のポイントを見ていきましょう。

下記をご覧ください

  • 高さ
  • 硬さ
  • 大きさ

これらは症状を引き起こす枕の原因です。

…ですが
逆にいえば、これは良い枕を選ぶためのポイントとも言えます。

それでは、ひとつ1つ見てきましょう。

高さ

枕が合わない原因で一番多いのが高さと言われています。
特に多いのが枕が高すぎる人です

なぜなら、人の首は前屈姿勢を得意としていて、
少しぐらい高い枕を使用しても違和感を感じません。

そのため、高すぎる枕を自然と使っている人が多いのです。

高い枕は、長時間使うと首の筋肉が緊張し、血行が悪くなります。
その結果、肩こりや首筋の痛みにつながるのです。

また、頭を前方に押し付ける形になるため
気道が圧迫されて、いびきの原因にもなります。

逆に低すぎる枕は、
頭の位置が心臓より低くなってしまいます。

頭の位置が低すぎると、頭に血が上った状態になりやすく、
顔のむくみや、頭痛の原因となります。

硬さ

硬さが原因で一番多いのは、
柔らかすぎる枕を使っている場合です。

柔らかすぎる枕は、首に最も負担のかかる枕と言われていて
下記の状態を生み出します。

  • 首、顔、肩が支えられていない
  • 沈み込みすぎて、うまく寝返りがうてない

柔らかすぎて、支えられていない枕は
枕を使っていないのと同じです。

人は睡眠中、一晩で平均20~40回寝返りを打ちます。

しかし、沈み込みすぎる枕は、不安定なため
寝返りがスムーズにうてず、首や肩の痛み、寝違えの原因になります。

大きさ

問題があるのは、
横幅が小さすぎる枕を使っている場合です。

人は睡眠中に寝返りをうつので、
枕が小さいと寝返りを打った時に枕から落ちてしまいます。

人は寝ている時に枕から頭が落ちた場合、どうするのかを実験したところ、
無意識のうちに枕を探して、頭に乗せようとすることが分かっています。

睡眠中にこれが繰り返されると、
眠りが浅くなり、不眠の原因となります。

大きさの目安としては、60cmぐらいがいいでしょう。
最低でも肩幅以上はあった方がいいです。

Sponsored Link

合わない枕の判断方法

それでは、使っている枕が
体にあっているのか調べてみましょう。

方法は、寝起きの時の、
自分と枕との位置関係をチェックします。

意識して見ている人は少ないのではありませんか?
実は、これが体からあなたへのメッセージとなります。

冒頭でも触れましたが、自分の好みの枕と、
自分の体にあった枕は同じではありません。

2つ折りの枕
自分の枕の好みは、慣れの割合が大きいです。
以前にわたしは、高すぎる枕を使っていました。

この記事の読者の中で、私と同じことをしている方も
おられるかもしれませんが、2つに折った枕で寝ていたのです(笑)

キッカケはいま考えると、
寝室にTVを置いてからだと思います。

枕を折ったときの高さが、TV見るのにちょうどいい高さで、
2つに折って見るようになったのです。

そして、そのまま寝るようになってからは、
いつの間にか高い枕じゃないと、眠れなくなっていました。

枕はあなたの好みに合わせるのではなく、
体に合わせてください。

寝ている時の反応が、正直な体の気持ちです。
あなたの体は、いまの枕を気に入ってるでしょうか?

それでは、体の声に耳を傾けてみましょう♪

寝起きでの枕との位置

  • 枕の下に手を入れている
  • 枕を肩下に挟んでいる

上記の場合は枕が低いです。

下に手を入れたり、肩に挟んだりして
無意識に体が、高さを補っています。

  • 頭の位置がずれている

これは、高さがあっていない場合があります。

高さが適切ではないので、枕の中の低いところ、
もしくは高いところを探し求めた結果、位置が変わっています。

  • 枕が頭から外れている(寝相が悪い)

枕が頭からはずれているのは
枕が体にあっていない可能性が非常に高いです。

「こんな枕いらない!」と体が嫌がっています。

同じく寝相が悪いのは、枕があわなくて
首の休まる位置を体が探しています。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
いまの枕はあなたの体に合ったものでしたか?

睡眠は人生の1/3を使うもので
枕はその睡眠環境の7割を決定づけると言われています。

体がいまの枕を嫌がっていたら、交換してあげましょう。

それでは、気持ちよい睡眠を~!

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ