伏見稲荷周辺の観光スポットは?近くてオススメはココ!

「伏見稲荷大社の周辺に、
サッと行ける観光スポットないの?」

…とお困りのあなた!イイとこありますよ♪

うまれも、育ちも京都!
しかも、自宅から伏見稲荷まで歩いて10分!

そんなわたしが、稲荷大社から歩いていける観光スポットを、
3つご紹介させていただきます(*’ω’*)♪

この記事は以下について記載しています。

  • おすすめ観光スポットは?
  • 移動と観光にかかる時間は?
  • それぞれのスポットの見どころは?
  • 観光後の移動方法は?

また、動画もありますので、
ぜひ見てくださいね♪

それでは、一緒にみていきましょう~!

Sponsored Link

歩いていける!おすすめの観光スポット3つ!

オススメの観光スポットの場所は

  • B:石峰寺(せきほうじ)
  • C:宝塔寺(ほうとうじ)
  • D:瑞光寺(ずいこうじ)

この3つです。

グーグルマップで出てきたルートは、
実際の入口とズレがありましたので修正してあります。

Aの伏見稲荷大社からの移動時間は以下になります。

  • B:石峰寺→10分
  • C:宝塔寺→11分
  • D:瑞光寺→13分

あくまで稲荷大社からの距離と時間です。

場所がかたまっているので

  • 石峰寺~宝塔寺まで約4分
  • 宝塔寺~瑞光寺まで約5分

とそれぞれのスポットが近いです。
なので、まとめていくなら移動時間も、みじかくなります。
fusimiinari-miti

伏見稲荷から最初のまがり角は、
踏切てまえを左にまがってください。

「さすがに、こんな細い道じゃないよね?」と思うぐらい
ほそい道をとおっていきます。

動画にありますが、入口は素朴で街にとけこんでいます。
迷わないように、気をつけてくださいね。

さて、おまたせしました。次はわたしが実際にいって見てきた、
それぞれの見どころをご紹介します。

京都人がすすめる!見どころはココッ!

それでは、ここから
それぞれの観光スポットの見どころを紹介しますね。

石峰寺(せきほうじ)

  • 拝観時間:9:00~17:00
    冬季(10~2月)は9:00~16:00
  • 拝観料金:無料
    ※五百羅漢のみ300円
  • 所要時間:約30分

見どころは赤い総門と五百羅漢(らかん)になります。

こちらは、本堂と総門は無料でみることができます。

五百羅漢を見るには300円必要ですが、
石峰寺の小冊子をもらうことができますよ。

動画では、五百羅漢が撮影禁止のため、
お見せすることはできませんでした。

さいきん観光客やカメラマンのマナーの悪さで、
撮影禁止にされているところが多くなっているようです。

なので、ココに限らず写真やカメラ撮影をおこなうかたは、
他の観光客の迷惑にならないように気をつけましょう。

わたしが紹介する3つの中で、
イチバン見てもらいたいのはココの五百羅漢です!

▼赤い総門
赤門は参道の中腹にあります。
竜門造りといわれていて、通路がアーチ型になっています。

日本の門のイメージとはちがい、
まるで、三国志の世界に出てきそうな門です。

見ためとちがい、通路の高さがなく
身長160センチちょっとのわたしだと、ギリギリ頭をこするぐらいでした。

▼五百羅漢
五百羅漢は、裏山にあります。

羅漢とは、お釈迦さまの弟子で、
500人のお釈迦さまの弟子を意味しています。

裏山の竹林のなかには、お釈迦さまの誕生から
涅槃(ねはん)までの生涯をテーマに、石像をならべて表現されています。

完成には約10年をかかったとされていて、
石像の大きさは、数十センチから2メートルと大小さまざまです。

石像の表情も、わらっていたり、泣いていたりと
それぞれちがい、バラエティにとんでいました。

コケが生え、風化してまるみをおびてしまった石像に
ながいながい時の経過をかんじられます。

自然のキャンパスに、石像でえがいた物語を
まるで紙芝居のように見ていくのは、とても新鮮でした。

また、有名な稲荷大社とちがい、
まったく人がいないため、静かにゆっくり見学できます。

ときおり、竹林のあいだからさす木漏れ日…。

風に揺られる竹の葉の
「サラサラサラ・・・」という心地のよいおと…。

こういったものを、じっくり楽しむには、
人が多いとむずかしいですからねぇ(*’▽’)

なんとも気持ちのイイ空間でした。
ぜひ、行ってみてください。

宝塔寺(ほうとうじ)

  • 拝観時間:自由
  • 拝観料金:無料
  • 所要時間:約20分

こちらの見どころは、仁王門と多宝塔(たほうとう)です。

総門をくぐった参道のとちゅうに、
朱色の仁王門があります。

▼仁王門
門には大きな提灯がつられ、
両隣には2体の像が立っています。

イチバンの見どころは、
仁王門の天井にえがかれている牡丹(ぼたん)画です。

宝塔寺-牡丹画

この、普通にくぐっただけでは見ないところに描くという、
配置がステキです(*’ω’*)

これは、自分できづくとより感動すると思います!

もし、知り合いと来られているのなら、あえて仁王門の中で少し休んだりして、
気付かせてあげると、感動をプレゼントできるかもしれませんよ(笑)

▼多宝塔
本堂の右側にあります。
多宝塔とは、寺院建築の中のひとつの形ですね。

コチラの塔は、1438年以前にたてられた
京都市でイチバン古い多宝塔で、重要文化財となっています。

3月上旬にいったのですが、境内では「ホー…ホケキョ♪」と、
ウグイスが春のおとずれを告げていました(*’▽’)

いつも、いるのかはわかりませんが、
聞けたらラッキーです(笑)

瑞光寺(ずいこうじ)

  • 拝観時間:9:00~16:00
  • 拝観料金:無料
  • 所要時間:約10分

こちらの見どころは、
茅葺(かやぶき)屋根の門と本堂をふくめたその外観です。

元政上人(げんせいじょうにん)が出家して、
茅葺の小さな家で暮らしたのが、起源といわれています。

元政は清く、貧しく暮らしていたそうです。

中に入ると、その空間だけ過去からタイムスリップしてきたかのような、
風情のある景観が楽しめます。

また、春の4月上旬にはしだれ桜が、
秋の11月上旬から下旬には紅葉も楽しめますよ。

Sponsored Link

おわりに…

いかがでしたでしょうか?
おとずれたい場所はありましたか?

では、さいごに観光後の移動手段と
観光スポットの情報をまとめますね。

観光後の交通アクセスは?

観光後の近くの交通アクセスはこの3つです。

  • JR稲荷駅
  • 京阪深草駅
  • タクシー

それぞれのスポットの近くでは、
道路が非常にせまくタクシーは走っていません。

なので、いったん201号線(本町通)に
出るとタクシーを拾いやすいと思います。

本町通は、JRの線路を横切ってすすみ、
最初にでる一方通行の道です。

JRや京阪で移動する場合も、
いちど本町通にでるとわかりやすいですよ。

観光スポット情報まとめ

拝観時間 拝観料金 所要時間
石峰寺
  • 9:00~17:00(3~9月)
  • 9:00~16:00(10~2月)
300円 約30分
宝塔寺 自由 無料 約20分
瑞光時 10:00~16:00 無料 約10分

ぜひ、実際に訪れて、
生のよさを感じてくださいね♪

それでは、京都でお待ちしております(*’▽’)

伏見稲荷大社のまとめ記事はこちら!
  ↓         ↓
伏見稲荷大社まとめ!交通機関から見どころまで網羅してみた!

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ